News ニュース

黒島結菜を沖縄で撮り下ろし! 自身撮影のオフショットも掲載した「黒島結菜 in ちむどんどん」発売決定2022/04/13

「黒島結菜 in ちむどんどん」PHOTO BOOK

 今週放送がスタートした、2022年度前期の連続テレビ小説「ちむどんどん」(NHK総合ほか)。個性豊かな沖縄4きょうだいの、本土復帰からの歩みを描く本作で、ふるさと沖縄の料理に夢をかけるヒロイン・比嘉暢子を演じる黒島結菜のフォトブック「『黒島結菜 in ちむどんどん』PHOTO BOOK」が5月2日に発売決定した。

 連続テレビ小説や大河ドラマをはじめ、数多くの作品で自然体ながら唯一無二の存在感を放つ女優・黒島。今回のフォトブックでは、ドラマの舞台であり、彼女自身のふるさとでもある沖縄で撮影されたスペシャルな撮り下ろしフォトを大ボリュームで掲載。やんばるの秘境・ター滝の大自然に立つ凛とした美しい姿や、古宇利島の海を前に見せた等身大の笑顔など、25歳の黒島の“今”を切り取った永久保存版のショットが盛りだくさんだ。

 また、大学時代は写真学科で学び、写真を撮ることが趣味だという黒島が撮影した沖縄の風景やドラマ現場のオフショットなども収録。さらに、ショートエッセーも執筆するなど、彼女のクリエーティブな一面が垣間見える内容になっている。

 家族・きょうだいの絆を描く本作に欠かせない、比嘉きょうだいについての特別企画も。長兄・賢秀を演じる竜星涼、長女・良子を演じる川口春奈、三女・歌子を演じる上白石萌歌のインタビューを通して、比嘉家の、そして女優・黒島の魅力に迫る。

 もちろん、脚本を手掛ける羽原大介氏や、制作統括、演出スタッフのインタビュー、登場人物&ストーリーガイド、ドラマ撮影の舞台裏に潜入したメーキング&オフショット集、料理・美術セットの解説など、「ちむどんどん」の世界をより深く知ることができる特集も満載。

 家族とふるさとの物語「ちむどんどん」と、本作のヒロイン・黒島の魅力が凝縮された1冊を届ける。

【黒島結菜 コメント】
「撮影中の私の姿だけではなく、私の目線でこのドラマの裏側を見られたり、キャスト、スタッフの方たちの思いが伝わる1冊になると思います。『ちむどんどん』の世界を、より身近に感じてもらえたらうれしいです」

【CONTENTS】

■黒島結菜 沖縄でのSP撮り下ろしグラビア&“朝ドラ”ヒロイン挑戦への思いを語るロングインタビュー 
■黒島結菜が撮ったドラマ収録現場のオフショット 
■黒島結菜が“ちむどんどん”した瞬間をつづったエッセー 
■比嘉家4きょうだいをクローズアップ/竜星涼、川口春奈、上白石萌歌インタビュー 
■「ちむどんどん」に登場する料理&ドラマ美術を解説 
■ドラマ撮影現場メーキング&オフショット 
■登場人物&ストーリーガイド 
■脚本・羽原大介氏、制作統括・小林大児氏、演出・木村隆文氏インタビュー

【プロフィール】

黒島結菜(くろしま ゆいな) 
1997年3月15日、沖縄県生まれ。2013年に「ひまわり~沖縄は忘れない あの日の空を~」で映画初出演。14年「アオイホノオ」(テレビ東京系)で連続ドラマ初出演。19年にヒロインを演じた映画「カツベン!」で、第43回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。近作に映画「明け方の若者たち」など。待機作に、映画「鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー」(5月20日公開予定)、「鋼の錬金術師 完結編 最後の錬成」(6月24日公開予定)などがある。NHKでは、15年大河ドラマ「花燃ゆ」、16年「夏目漱石の妻」、17年「アシガール」、19年大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」などに出演。連続テレビ小説への出演は、14年の連続テレビ小説「マッサン」、20年の連続テレビ小説「スカーレット」に続く3作目。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.