News ニュース

森田望智が「つま好き」に“憑依型女優”役で出演。「キュンキュン超えてギュンギュンしたい」2021/09/28

 森田望智が、テレビ東京ほかで10⽉6⽇にスタートするドラマParavi「つまり好きって言いたいんだけど、」(⽔曜深夜0:30)に出演することが分かった。

 ドラマの原作は「恋はつづくよどこまでも」「はぴまり~Happy Marriage!?~」などを大ヒットさせた円城寺マキ氏による同名コミック(小学館 プチコミックフラワーコミックスα)。売上部数60万部を突破した同作は、マネジャー×俳優の2人が、“同じ目標に向かって奮闘する中で芽生える恋心”“好きになっちゃいけないのに”といった葛藤や、素直に表現できないもどかしさがあふれる、まさに“焦れキュン”な禁断のゴシップラブストーリー。

 物語の主人公は、突如芸能事務所に転職することになった24歳の冴島千歳(大原櫻子)。小さい頃に散々だまされ、恥をかかされた経験から「うそが大嫌い」になった。それが原因で小学校の非常勤講師を辞める羽目になった千歳が、ブレーク寸前の注目俳優・藤代瀬那(櫻井海音)のマネジャーとしてつくことに。うそを信じ込ませる才能に長けているがゆえに、演技は最高だが私生活は問題児の瀬那。千歳はそんな瀬那に振り回されながらも、彼を育てようと奮闘する。しかし、瀬那の正体は、昔、千歳をだましていた幼なじみだった――。

 ドラマ「全裸監督」(Netflix)や「恋する母たち」(TBS系)、連続テレビ小説「おかえりモネ」(NHK総合ほか)など、数々の映画やドラマに出演し、第24回釜山国際映画祭アジアンフィルムマーケットでは「アジアコンテンツアワード」最優秀新人賞を受賞するなど、注目を集めている森田。そんな森田が演じるのは、演技力と美貌、アーティスト性を兼ね備え芸能界のトップを走り続けている人気女優・白川雪乃。森田の登場はドラマ中盤からとなり、雪乃を演じる中で、ドラマ内に登場する数々の映画(劇中劇)でさまざまな役柄を見事に演じ切る。“憑依型女優”と呼ばれる雪乃が、作品のたびにどんな演技を見せるのかも楽しみだ。

 本作への出演について、森田は「私が演じる白川雪乃は原作にはない憑依型女優の役と聞いて、私に務まるのかと不安はありましたが、それ以上に『面白そう!』が勝りました。季節のように移り変わっていく雪乃さんの多彩な表情をお見せできたらなと思います。キラキラな『つま好き』の一員になれて、学生時代の少女漫画に憧れた乙女心が実った気がします。ドラマならではの千歳ちゃんと瀬那くんにキュンキュン超えてギュンギュンしたいと思います。すてきな作品をお届けできますように」と意欲的なコメントを寄せている。

 なお、本作は、Paraviで9⽉29⽇午後9:00から独占先⾏配信が決定している。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.