News ニュース

「つまり好きって言いたいんだけど、」に東啓介、石川瑠華が出演。OPテーマはフジファブリックが担当2021/09/16

 テレビ東京ほかで10⽉6⽇にスタートするドラマParavi「つまり好きって言いたいんだけど、」(⽔曜深夜0:30)に東啓介、石川瑠華が出演。さらにオープニングテーマはフジファブリックの「君を⾒つけてしまったから」に決定した。

 ドラマの原作は「恋はつづくよどこまでも」「はぴまり〜Happy Marriage!?〜」などを⼤ヒットさせた円城寺マキ氏による同名コミック(⼩学館 プチコミックフラワーコミックスα)。売上部数60万部を突破した同作は、マネジャー×俳優の2⼈が、“同じ⽬標に向かって奮闘する中で芽⽣える恋⼼”“好きになっちゃいけないのに”といった葛藤や、素直に表現できないもどかしさがあふれる、まさに“焦れキュン”な禁断のゴシップラブストーリー。

 物語の主⼈公は、突如芸能事務所に転職することになった24歳の冴島千歳(大原櫻子)。⼩さい頃に散々だまされ、恥をかかされた経験から「うそが⼤嫌い」になった。そんな千歳が突如、芸能事務所に転職し、ブレーク⼨前の注⽬俳優・藤代瀬那(櫻井海⾳)のマネジャーとしてつくことに。うそを信じ込ませる才能に⻑けているがゆえに、演技は最⾼だが私⽣活は問題児の瀬那。千歳はそんな瀬那に振り回されながらも、彼を育てようと奮闘する。しかし、瀬那の正体は、昔、千歳をだましていた幼なじみだった――。

 東が演じるのは、クールなイケメンで、合理的かつスマートな仕事ぶりのキレもの敏腕マネジャー・加賀⾒修。石川は、突如転職することになった主⼈公・千歳の元同僚で、千歳に寄り添いマネジャーが向いていると後押しする友⼈・森⽥実久を演じる。共にドラマならではのオリジナルキャラクターで、千歳×加賀⾒×瀬那、千歳×実久のやりとりは要注目だ。

 本作への出演について、東は「まず、今回この作品に携われること、感謝しております。僕の役どころは、原作では出てこない、ドラマオリジナルキャラクターとなります。どのように関わってくるのか、ぜひ楽しみにしていただきたいです。原作ファンの皆さまにも、加賀⾒修が愛されるよう、努⼒いたします! ⾒どころといたしましては、冴島千歳と同じマネジャーということで、千歳や藤代、同じ事務所の⽅々とどのような⽴場で、どう皆さんと関わってくるのか、注⽬していただきたいです」と感謝し、見どころを伝えた。

 石川は「今回、原作の漫画には登場しない森⽥実久という⼈物を演じさせていただくことになりました。芸能界のお話ですが、実久はそことのつながりはなく、千歳の元同僚であり友達なので、皆さんになじみのあるようなシーンになったらいいなぁと思います。時々出てくるピンチヒッターのような実久の登場を、千歳との会話を、楽しんでもらえたらうれしいです。私⾃⾝もオンエアで千歳と瀬那さんの恋の⾏⽅を楽しみにしています!」と期待を寄せている。

 そして、ドラマを盛り上げるオープニングテーマを担当するフジファブリックは、2000年に志村正彦氏を中⼼に結成された個性派ロックバンド。09年に志村氏が急逝し、11年夏よりボーカル&ギター・⼭内総⼀郎、キーボード・⾦澤ダイスケ、ベース・加藤慎⼀の新体制で本格始動。今年、デビュー15周年を迎えた。

 本ドラマのオープニングテーマ「君を⾒つけてしまったから」は、アップテンポで疾⾛感のあるメロディーと⼒強い歌声で、⼀度聴いたら病みつきになるクールな書き下ろしの新曲。“禁断”をあおるようにドラマにどんな彩りを加えてくれるのか期待が高まる。

 ⼭内は「幼なじみであり、恋⼼を寄せていた異性がマネジャーだったら、仕事上でのパートナーだったらと想像すると、正直めちゃくちゃやりづらい。気持ちを込めてめっちゃ頑張って歌ってる姿とか、ステージ袖で冷静に観察され、ミスを指摘された⽇にはもう、僕なら恥ずかしくて『わざとに決まってるやん』と間違いなく強がってうそをついてしまうでしょう。何かと悩ましい関係性と、過去の記憶の中で揺さぶられながらもひたむきさが際⽴つ主⼈公たち。『君を⾒つけてしまったから』は、そんなそうちゃん、ちーちゃんの素直な気持ちのままで、⽣きづらい2⼈がもし客席にいたら、⽬の前にいたら歌って伝えたい気持ちを書いた曲なので、視聴者の皆さまと⼀緒に2⼈の背中を⼒強く押せたらいいなと思っております」と楽曲に込めた思いを明かしている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.