News ニュース

サンドウィッチマンMC「ロコだけが知っている」がレギュラー化!初回ゲストにキンプリ・永瀬廉が登場2021/09/29

 NHK総合では本日9月29日から、サンドウィッチマン(伊達みきお、富澤たけし)がMCを務める「ロコだけが知っている」(水曜午後8:15)を放送。初回のゲストに、King & Princeの永瀬廉が登場する。

 同番組は、地元を愛する人たちだけが知っている、知れば誰かに話したくなる地元ネタが満載の情報バラエティー。3度の特別番組の放送を経て、今回レギュラー放送が決定した。特番から引き続き、宮城県出身のサンドウィッチマンがMCを担当。ナレーションに広島県出身のあ~ちゃん(Perfume)を新たに迎え、初回ゲストには、東京都出身の永瀬のほか、新潟県出身の小林幸子、奈良県出身の青山テルマが登場する。

 番組では、米どころ新潟から、おにぎり愛が生んだ極上おにぎりを紹介。奈良・大和郡山の金魚すくいの達人はすご技の数々を披露する。

 収録を終えた伊達は「初回は新潟県と奈良県のロコ(地元を愛する人たち)の話題です。新潟県ロコはおにぎり愛の深い方で、奈良県ロコは金魚すくいの達人です。金魚すくいで人生が変わったという、素晴らしい女の子がいました。もっと全国に知られてもいいなっていうお話です」と初回の内容を解説。「KIN-1グランプリ(金魚すくいグランプリ)っていうのがあるんですって」と富澤が補足すると、伊達は「われわれも某漫才コンテストでグランプリを取っているので、KIN-1グランプリとどっちが価値が高いですか?って聞いてみました。どっちだったかは、放送をチェックしてみてください(笑)。そして初回ゲストも超豪華です。番組への期待のされ方にプレッシャーを感じております」とコメント。

 富澤は「青山テルマさんからは白米熱を感じましたね。白米大好きって言ってましたよ」、伊達は「King & Princeの永瀬廉くんは、とても好青年でしたよ。(同局の連続テレビ小説)『おかえりモネ』のロケでわれわれの地元の宮城に行っていたので、気仙沼の話で盛り上がりました。僕らも永瀬さんも同じ時期に宮城でライブがあったので、なんだかご縁も感じました」とゲストの印象を話した。

 「出演者の皆さんが愛がある方で、金魚すくいもおにぎりも、アットホームな感じで、すごくリラックスしながら収録に参加できたのがうれしかったです」と収録を満喫した永瀬は、「地元の人すら知らないコアな魅力というのはどこの地方にも絶対にあると思うので、そういうのを深く掘り下げてほしいですね。地元の方々は取り上げられてうれしいと思うので、『次は私のところに来るかな』という楽しみ方もあるな、と感じました。地元に愛がないとできない企画だと思うので、すごくすてきな番組だなと思います」と笑顔を見せる。

 あ~ちゃんは「ナレーションを読んでいるのですが視聴者としてもこの番組が楽しくて、言うことが決まっているのに笑っちゃったり、『え~』って驚いちゃったりするくらいおいしそうなものや奇麗な景色が出てくるので、ワクワクします」と期待に胸を膨らませ、「地元の人しか知らない情報を番組を通して知れるので、楽しいことが増えるような感覚で私もすごく勉強になってます。いろんなところに行きたくても行けない時期が続いていますけど、『ロコだけが知っている』は旅行したような気分になれる番組だと思うので、自分の楽しみたい気持ちを解放してもらえたらと思います。頑張ります!」とアピールしている。

 小林は「新潟の皆さん! やっぱり日本のお米の中で、新潟のお米が一番好きです。新潟のおにぎりも、奈良の金魚すくいもそうですけど、本当に昔から身近にあるものなんですよ。それをきちんと愛情を持ってやると、こういうすてきなつながりができるんだなと思いました。やっぱり、愛なんですね。ほっこりさせてもらう番組に出してもらってありがとうございました」と地元への愛をたっぷり感じた様子。

 青山は「今回は奈良の特集だったのですが、自分の出身地でも知らなかったことが知れてすごく楽しかったです。日本ってすごく広くて、いろんな文化があふれている国なのですごく勉強にもなったし、もっと日本を知りたいなと思うような番組でした。見てすごくほっこりするし、勉強にもなるし、すてきな番組でした」と内容の素晴らしさを伝え、「ライブとかでいろんな地方にも行かせてもらっているんですけど、もっとプライベートでも日本中を回ったら楽しいだろうなと思いました。地元の人に話を聞くとすごくリアルだし、専門家に聞くというよりもその地域に本当に住んで何かを極めている人の話を聞くとすごい生き方があるなと実感しました」と話している。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.