News ニュース

東京03、初対面・Aマッソ脚本の音声コントに挑戦2021/09/28

 日本テレビで10月3日スタートの、東京03(豊本明長、飯塚悟志、角田晃広)地上波初の冠コント番組「東京03とスタア」(日曜午後1:45、関東ローカル)に、Aマッソ(村上、加納)が登場する。

 同番組は、東京03と、毎回異なる“スタア”なゲストが、コントで共演するバラエティー番組。脚本も毎回さまざまな作家が担当し、初回は東京03の単独ライブなども手掛けている放送作家のオークラ氏が務める。そして、初回の“スタア”には、千葉雄大を迎える。

 また、ミニコーナー「東京03とやりたい音声コント」では、さまざまな若手芸人が東京03とどうしてもやりたい音声コントを制作。Aマッソはその初回の芸人として出演する。

 東京03とは初対面だというAマッソは、音声を変化させる機械を自ら操作しリバーブと呼ばれる残響音を使った音声コントを制作。東京03の3人も機械をいじることに夢中で「楽しい!」とコメントしている。

 加納は「東京03さんとは初対面で初めての絡みが今回のコントになりました。そこで、音声コントでしかできないことと、飯塚さんの見たことのない一面を引き出すべく、コントを作ってみました。飯塚さんの見たことのない一面をさりげなく出したかったんですが、あふれ出てしまいました」と自信たっぷりで、村上は「コントが始まって最初ずっとニヤニヤしていました。一緒にコントをやってとても楽しかったのでぜひ、お楽しみに」と呼び掛けている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.