News ニュース

「24時間テレビ44」募金リレーの第6走者は田中理恵。「皆さんに恩返しができればいいな」 2021/08/22

 日本テレビ系では2日間にわたって「24時間テレビ44『愛は地球を救う』」(8月21日午後6:30~22日午後8:54)を生放送。メインパーソナリティーをKing & Prince、チャリティーパーソナリティーを菅野美穂、スペシャルサポーターをチョコレートプラネットが務め、「想い~世界は、きっと変わる。」をテーマに東京・両国国技館からさまざまな企画をおくる。昨日21日には、同系の人気バラエティー番組「世界の果てでイッテQ!」に出演する女性芸人たちが全国の合唱強豪校と中島みゆきの名曲「時代」を生披露する姿や、平野紫耀が主演したスペシャルドラマ「生徒が人生をやり直せる学校」などが届けられた。また、「復興への想いを繋ぐ 募金リレー」では、第1走者の岸優太からたすきが受け継がれている。

 岸からスタートした「復興への想いを繋ぐ 募金リレー」は、第2走者を東京五輪卓球混合ダブルスの金メダリスト・水谷隼、第3走者をトリノ五輪女子フィギュアスケートの金メダリスト・荒川静香、第4走者を東京五輪のレスリング女子で金メダルを獲得した川井梨紗子・友香子姉妹が務めた。その後、元ラグビー日本代表の五郎丸歩が第5走者として走り終え、第6走者のロンドンオリンピック体操日本代表の田中理恵へとつないだ。

 田中は「2011年、東日本大震災の後、『好きな体操をやっていていいのか…』と悩みました。しかし、被災地を体操チームで訪ねた時、とても喜んでくれた事で迷いが吹っ切れ、覚悟が決まりました。2012年、私がロンドンオリンピックの舞台に立てたのはファンの方々の応援のおかげでした。今『24時間テレビ』で走ることによって、皆さんに恩返しができればいいなという思いで、心を込めて走らせてもらいたいです」と思いを語った。

 また、現在しっかり休憩を取り笑顔も見せながら約7.5kmを走っている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.