News ニュース

「24時間テレビ44」前・横浜DeNA監督のラミレス一家と神宮寺勇太が「パプリカ」で共演!2021/08/22

 日本テレビ系では2日間にわたって「24時間テレビ44『愛は地球を救う』」(8月21日午後6:30~22日午後8:54)を生放送。メインパーソナリティーをKing & Prince、チャリティーパーソナリティーを菅野美穂、スペシャルサポーターをチョコレートプラネットが務め、「想い~世界は、きっと変わる。」をテーマに東京・両国国技館からさまざまな企画をおくる。昨日21日には、同系の人気バラエティー番組「世界の果てでイッテQ!」に出演する女性芸人たちが全国の合唱強豪校と中島みゆきの名曲「時代」を生披露する姿や、平野紫耀が主演したスペシャルドラマ「生徒が人生をやり直せる学校」などが届けられた。また、「復興への想いを繋ぐ 募金リレー」では、第1走者の岸優太からたすきが受け継がれている。

 神宮寺勇太は「超ポジティブ!ラミレス大家族に密着 ダウン症の長男と歩んだ6年間」で、前・横浜DeNAベイスターズ監督のアレックス・ラミレス一家に迫った。一家は、ラミレス、トレーニングジムオーナーの妻・美保さん、長男・剣侍くん、次男・寿凛くん、長女・莉明ちゃんの5人家族だ。剣侍くんは生後、ダウン症候群と診断された。

 ダウン症の子どもは筋肉の張りが弱い「低緊張」という特徴を持っていることが多い。その中でも、ラミレス一家がトレーニングやバーベキューなどに積極的に取り組んでおり、VTRではそんな一家の超ポジティブな様子が紹介された。そして、剣侍くんは、今月94歳を迎えた大好きなひいおばあちゃん・福田久子さんへのサプライズプレゼントとして、久子さんの大好きな曲であるFoorinの「パプリカ」を、振り付きで両国国技館のステージで生披露。剣侍くんは神宮寺にダンスを教えてもらい、ラミレス一家は一同で参加した。

 ラミレス一家への密着を振り返り、神宮寺は「ポジティブなことを僕もこれから、より発信し続けていこうと思いましたし、『24時間テレビ』を通して出会えたことを本当に感謝しています」と語った。一方、ラミレスはダウン症の子どもを持つ親御さんに向け、「少し成長は遅いかもしれないけれど、親御さんは辛抱強くその成長を見守ることと、たくさんの愛を捧げてあげましょう」と訴えた。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.