News ニュース

「24時間テレビ44」King & Princeが名人との5番勝負に挑み、最終決戦で髙橋海人が大活躍2021/08/22

 日本テレビ系では2日間にわたって「24時間テレビ44『愛は地球を救う』」(8月21日午後6:30~22日午後8:54)を生放送。メインパーソナリティーをKing & Prince、チャリティーパーソナリティーを菅野美穂、スペシャルサポーターをチョコレートプラネットが務め、「想い~世界は、きっと変わる。」をテーマに東京・両国国技館からさまざまな企画をおくる。昨日21日には、同系の人気バラエティー番組「世界の果てでイッテQ!」に出演する女性芸人たちが全国の合唱強豪校と中島みゆきの名曲「時代」を生披露する姿や、平野紫耀が主演したスペシャルドラマ「生徒が人生をやり直せる学校」などが届けられた。また、「復興への想いを繋ぐ 募金リレー」では、第1走者の岸優太からたすきが受け継がれている。

  King & Princeの5人は、日本全国のすご技の達人たちとの「King & Prince VS 全国スゴ技達人5番勝負」に生中継で挑んだ。

 最初の勝負は「おっぱい早飲み」。子宝や安産の神さまとして知られる熊本・湯前町にある潮神社で行われる「全日本おっぱい早飲み選手権」は、哺乳瓶のミルクを吸う選手権だ。この選手権で2019年団体チャンピオンの森川未月さんに、岸と神宮寺勇太が挑戦。

 神宮寺は対決前に「復興への想いを繋ぐ 募金リレー」第1走者としての走りを終えたを岸について「(スタジオに)岸くんがそろったので、ここからいいスタートダッシュを切りたいと思います」と気合を入れた。この対決の結果は、3人のうち岸が一番早く飲み干し、2位の森川さんに圧倒的な差をつけ1位となり、King & Prince は5番勝負の1勝目を飾った。

 続いての対戦は「カニ甲羅積み」。ズワイガニの一大産地である鳥取県内で行われているユニークな競技「ベニズワイガニの甲羅積み」は、1分間にどれだけの甲羅を積み上げられるかを競うもの。新記録18枚達成者である西野有希さんに、5人で挑む。1人でも西野さんを上回れば勝利だったが、西野さんが勝利し、King & Princeは1勝1敗となった。

 プルーンの生のおいしさを広めようと長野・佐久市で開かれていた「プルーン種飛ばしグランプリ佐久」をモチーフにした「プルーン種飛ばし」では、種の飛距離を競う部門で一昨年11m48cmの新記録を達成した神津進さんと、永瀬廉と岸が勝負。永瀬と岸は、神津さんの迫力に圧倒された様子で負けてしまい、1勝2敗となった。

 また、宮城・仙台市の「仙台うみの杜水族館」の人気者で、得意技は「輪投げ首キャッチ」だというオタリアのカルーアちゃんと、同種目で平野、神宮寺が対決。輪の投げ方は自由だが、受ける時に手を使うのは反則で、投げ手から5m、10mの二つの距離で競うというルール。5mの位置では、2組ともキャッチ成功。10mの距離では、先攻・カルーアちゃんがキャッチ失敗。後攻の平野と神宮寺は成功し、この対決に勝利。King & Princeは、ここまで4戦を終え2勝2敗となった。投げ手を務めた平野は「神宮寺ちゃんが本当に頑張ってくれました」と受け手の神宮寺を称えた。

 そして、最終決戦は「大回転!タガフープ」。しょうゆを仕込む大きな木桶を締める竹製の輪「タガ」をフラフープのように腰で回してその回数を競うという、香川・小豆島の「タガフープ世界選手権会」で唯一連覇を成し遂げた大山康平さんに、髙橋海人が挑む。「タガ」は重さが10kgもあるが、髙橋は余裕の笑顔で回す。

 DAIGOが「LA・LA・LA LOVE SONG」「夢想花」を歌って応援するが、歌い終えて次のコーナーの放送がスタートしても、大山さん、髙橋は共に回し続けるという白熱した展開に。大山さんは自己ベストを更新したが脱落し、髙橋はその後も回し続け、なんと819回を記録。髙橋の勝利で、King & Prince は3勝2敗で5番勝負で勝ち越した。髙橋は「めちゃくちゃ楽しかったですね。ゾーンに入ってきて、そこから止まらなかったです」と活躍を自画自賛した。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.