News ニュース

SixTONES・京本大我、大学生のアカペラに感激。「新しい扉が開いたような感覚です!」2021/08/10

 フジテレビ系では8月14日に、土曜プレミアム「全国ハモネプリーグ大学日本一決定戦2021夏」(午後9:00)を放送する。

 ネプチューンがMCを務めた、同局バラエティー番組「力の限りゴーゴゴー!!」(1999~2002年)の人気企画から始まった「ハモネプ」。今大会は、2回目の大学対抗戦となる。アカペラに青春を注ぐ大学生たちが、新型コロナウィルスの影響でメンバーも集められない、練習もできないというような厳しい状況にもかかわわらず、「歌で日本を元気にしたい!」と熱い思いを胸に、大会に挑む。

 審査基準はハーモニー、ボーカル、アレンジ、テクニック、リズムをそれぞれ100点で採点。合計500点満点で各ブロック最高得点のチームが決勝に進む。今回はネプチューン(名倉潤、原田泰造、堀内健)に加え、大阪会場からチョコレートプラネット(長田庄平、松尾駿)がMCとして登場。ゲストには、日本のトップYouTuberで、11年に放送された「全国ハモネプリーグ」に21歳の時に出場し、ボイスパーカッション日本一に輝いた経験を持つHIKAKINをはじめ、京本大我(SixTONES)、小芝風花、土屋礼央、吉田圭介(INSPi)、ゆりやんレトリィバァを迎えておくる。

 大学生のアカペラグループのみの参加となる今大会だが、プロ顔負けのハイレベルなパフォーマンスをそれぞれのグループが披露。予選ブロックは、アニソンブロック、YOASOBIブロック、サマーソングブロックなど特別ブロックを設け、全5ブロックに分かれて、各グループが決勝進出を狙う。

 出場グループには、オリジナル楽曲がiTunesで3位にチャートインした実績を持つグループ、前大会のリベンジに燃えるグループ、アカペラ名門サークルの看板を背負い大会に挑むグループなど、今大会も「ハモネプ」に熱い思いと青春を注ぐグループが集結。今回もフジテレビアナウンサー・永尾亜子、藤井弘輝、久慈暁子、杉原千尋、藤本万梨乃、堀池亮介、佐久間みなみの「アナペラ」が“ハモネプ21世紀枠”として出場する。前大会最低点を出してしまったアナペラは雪辱を果たすことはできるのか。

 HIKAKINは「本当にレベルが高くて楽しかったです! 今回もレベルが上がり続けているなと思う回でした。僅差の戦いが多く、どこのチームが優勝するか分からないほどのハイレベルな戦いでした」と興奮。見どころについては「今回のボイパは世界レベルです! 僕も正直どうやって音を出しているのか疑問に思うくらいの世界で戦っている学生が出ているので、そこも見どころの一つだと思います。ぜひ、お見逃しなく!」とアピール。

 京本は「僕らもグループで歌わせてもらっていますが、音源なしで自分たちの声のみですべてを担って表現する学生たちのパフォーマンスを、初めて間近で見させてもらい、圧倒されました。新しい扉が開いたような感覚です! 僕たち6人では表現できない世界がそこにあり、圧巻でした! 大学生の青春や、それぞれのグループが優勝を目指す熱量がすごく感じ取れる番組になっていると思います」と予告している。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.