News ニュース

Little Glee Monsterが美しすぎるハーモニーで、女性ボーカルグループ新時代を告げる!2017/12/25

 デビューして間もない頃、初めて見たLittle Glee Monsterのライブで、その歌声の美しさと初々しい生命力に感動したことを、今でもよく覚えている。あれから3年あまり、少女たちはこちらの想像を上回るスピードで成長を遂げ、折り紙つきの実力を誇るボーカルグループとなった。そんな“リトグリ”の歌声が、2017年を締めくくる夜に、全国へと届けられる。

 彼女たちの特徴は、やはりその圧倒的ボーカル力に裏打ちされた素晴らしいハーモニーだろう。「NHK紅白歌合戦」初出場会見でも、アカペラで美しいハーモニーを聴かせてくれていたが、大みそかのステージでも5人が織り成すハーモニーは、女性ボーカルグループの新しい可能性を視聴者に感じさせてくれるはずだ。

 実は、これだけのハーモニーを聴かせる女性ポップスグループは、こと日本においてはかなり少ない。現在、ハーモニーを聴かせる男性グループとしてはゴスペラーズがその代表格であり、かつてはムード歌謡において男性コーラスグループは本当に多く存在した。しかし、女性コーラスグループという存在は、日本の音楽シーンの最前線ではなぜか根づくことなく長い時間が経ってしまった。もちろん、楽曲のスパイスとしてコーラスでハーモニーを聴かせる女性グループはいたが、それ自体を最大の魅力としてしっかりとすえた女性グループは、不思議といなかったのだ。この10年あまり、数多く誕生した女性アイドルグループも、そのボーカルにおいてはソロパートと全員が同じメロディーを歌うユニゾンボーカルで構成されている楽曲がほぼ全てだった。そんな中、日本の音楽シーンに颯爽と登場したのが、リトグリだったのだ。

 海外では、美しいハーモニーで聴かせる女性ボーカルグループが連綿と、そして数多く存在する。例えば、アメリカでは「恋はあせらず」や「ストップ・イン・ザ・ネーム・オブ・ラブ」で知られるシュープリームスの時代から現在まで、常に女性ボーカルグループがヒットチャートをにぎわせている。紅白に初出場するリトグリには、日本での女性ボーカルグループ時代の幕開けを告げるようなパフォーマンスを期待したい。

文=大久保和則

【番組情報】

「第68回 NHK紅白歌合戦」 
NHK総合 
12月31日 午後7:15~11:45(中断ニュースあり)


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.