Feature 特集

【WATCH的イケメン図鑑】Vol.33 デヴィッド・テナント2021/07/25

ステイホーム中の本人役をキュートに演じる英国俳優

 大人気SFドラマ「ドクター・フー」の“10代目ドクター”として国民的人気を博し、最近では「グッド・オーメンズ」の悪魔役なども大好評のデヴィッド・テナント。そんな彼が本人役に扮(ふん)し、あんな素顔やこんな素顔を披露!? 「ステージド 俺たちの舞台、ステイホーム!」には、必見の“デヴィッド・テナント”が詰まっている。

 題名からも推測できるように、「ステージド 俺たちの舞台、ステイホーム!」はコロナ禍でロックダウンに見舞われたロンドンが舞台で、デヴィッドもステイホーム中。しかも、作中の彼は出演舞台の延期を余儀なくされていて、やさぐれている。けれど、いつか上演できる日を目指し、共演者とオンライン稽古を行うことに! そのため画面には、オンライン稽古を行おうとするデヴィッドたちのビデオチャット模様が映し出されていく。

 オンラインでの会議や打ち合わせが主流にならざるを得なくなった昨年以降。世のビジネスマンたちは服装や自宅インテリアなどのオンライン映えを模索したりもしているが、スターゆえの気負わなさからか、オンライン上のデヴィッドたちはむしろ自然体にも程があり、やたらとリラックスした部屋着姿がキュート。パーカーのフードをすっぽりとかぶったり、ヘアバンド着用でおうち感をみなぎらせたり。「あ~、絶対に普段からこんな感じでしょうね…」と思わされる。

 また、ナチュラルなかわいらしさがさく裂している理由は、通信相手にもあり。出演舞台が延期されて共にやさぐれている共演者は、「グッド・オーメンズ」でも共演していて気心の知れたマイケル・シーン! おそらく同ドラマのファンならすでにニヤニヤしているだろうが、未視聴者のために補足すると、「グッド・オーメンズ」で彼らが演じているのは主人公の悪魔と天使。なんだかんだで仲良しな悪魔と天使が世界平和のために力を合わせる物語で、デヴィッドとマイケルのナイスコンビネーションが話題となっている。

 そんな両者だけに、大人気なくけんかし始めるのはもはや当然!? クレジットの順番を巡ってキャンキャンと駆け引きしたり、皮肉合戦を繰り広げたり、「グッド・オーメンズ」の時はああだったこうだったなんて話になったり。はたまた、自分の顔が印刷されたマグカップをさりげなく使って“人気者マウント”を取ったり(デヴィッド)、怒りに任せて画面をブチッと切ったり(マイケル)、かと思えば一緒にオンラインゲームをして仲直りしたり…。しかも、2人してビデオチャットに慣れているとは言いがたく、発言する時にいちいち手を挙げるのもいとおしすぎてもだえそう。そんな彼らがオンライン稽古なんてちゃんとできるのか!? コロナ禍の憂鬱をリアルに描いた作品としても、必見。

【プロフィール】

デヴィッド・テナント David Tennant  
1971年4月18日生まれ。イギリス出身。映画「日蔭のふたり」(96年)、「GO!GO!L.A.」(2000年)、「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」(05年)などに出演した後、長寿ドラマ「ドクター・フー」(05年~)で国民的スターに。ほかのドラマ出演作に、「ブロードチャーチ ~殺意の町~」(13~17年)、「Marvel ジェシカ・ジョーンズ」(15~19年)、「グッド・オーメンズ」(19年~)、「デッドウォーター・フェル ~虚像に殺された家族~」(20年)など。「グッド・オーメンズ」のシーズン2をはじめ、さまざまな出演作を控えている。

【番組情報】

「ステージド 俺たちの舞台、ステイホーム!」(全6話)

8月24日・31日 
スターチャンネル1 
午後11:00~深夜0:30ほか(字幕) ※3話ずつ放送
※8月21日に第1・2話(字幕)先行無料放送。8月22日に第1話(吹き替え)を先行無料放送

8月27日・9月3日 
スターチャンネル3 
午後10:00~11:30ほか(吹き替え)※3話ずつ放送
※「ステージド2 俺たちの舞台、アメリカ上陸!?」は9月放送

文/渡邉ひかる



この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.