Feature 特集

【映画「ツナガレラジオ~僕らの雨降Days~」リレーインタビュー】西銘駿×飯島寛騎ペアは芸歴が長い漫才師のよう!? 劇中歌レコーディングでの苦労エピソードも!2021/02/10

 映画・ドラマ・舞台で大活躍中の若手俳優によるwebラジオ番組、オールナイトニッポンi「おしゃべや」のオリジナルストーリーによる映画化が決定! ラジオにかける“ワケあり”男子は人々を“ツナグ”ことができるのか…? TVガイドwebでは、映画「ツナガレラジオ~僕らの雨降Days~」の2月11日の全国公開を記念し「おしゃべや」でパーソナリティーを務めるペアのインタビューを公開まで毎日お届けします! スタジオを飛び出した番組パーソナリティー10人は何を語ってくれるのでしょうか?

 ついにラスト! 第5回は元劇団員で「あふりラジオ」構成担当、アクト役の西銘駿さんと、「あふりラジオ」発起人のニガリ役・飯島寛騎さんから作品の見どころや撮影時のエピソード、お互いの印象などを伺いました!

――ラジオを元にした映画化のお話を聞いた時の感想を教えてください。

西銘 「早く現場に入って撮影したい!と思いましたね。台本を読んで想像していた(ロケの舞台である)神奈川・伊勢原の街並みだったり、登場する人の温かさを実際に撮影が始まった時に肌で感じることができればいいなと思いました」

飯島 「ラジオを題材にした映画って、今まであまりなかったと思うので面白そうだなって。それこそ僕はラジオを今まで結構聴いていたので、映像化して皆さんにどう伝わるんだろう?って楽しみに感じていました」

――ラジオ「おしゃべや」のパーソナリティーを約1年ペアで務められているお二人に、今さらですが…お互いの印象をお聞かせください。

西銘 「うまくマッチしてると思います。なんだろう…芸能的にマッチしているというか。それを言ったらビジネスだけみたいな感じになっちゃうけど(笑)」

飯島 「私のこと、ビジネスパートナーとしか見てないのか~(笑)」

西銘 「違う違う! (必死に)そこを今どう伝えようかなって考えてたんだけど…、とにかく波長が合ってるんですよ!」

飯島 「お互いのやりたいことが、口に出さずとも何となく分かるんですよね、付き合いも長いので。そういう面での、ビジネス仲間としてお互いしっかり見ていこうっていう…そういうことです(笑)。僕はネタでビジネスパートナーって言っているんですけど、あながち間違いではないんですよね」

西銘 「芸歴が長い漫才師みたいな(笑)。なんだろう? 不思議な感覚で、今回みたいに一緒にお芝居する仕事で一緒だと、めちゃくちゃ安心するんです。現場でもずっと2人でしゃべったりとか。だから、どっかに飲みに行くとかじゃなくて、現場で一緒に居すぎるから満足しちゃうんですよ(笑)。月1回は絶対に会って、ラジオでめちゃくちゃふざけますし」

飯島 「お互い全然違うキャラクターだからこそ成り立つのが、このペアなんじゃないかなって思います」

――素晴らしいコンビネーションです…! 今回、同年代の俳優さんたちとの共演はいかがでしたか? 撮影中のエピソードなどあれば教えてください。

西銘 「元気でしたね~! 男子高校生みたいな。男子校に行ったらこういう感じなのかなって思うぐらい、どんちゃん騒ぎでしたね(笑)」

飯島 「男子校には行けないなって思いました(笑)。でも、みんなの向上心というか…野心はひしひしと伝わってきたので、僕らも刺激を受けました」

西銘 「この人がいたら、周りがめちゃくちゃ明るくなるっていう人いるじゃないですか。そういうタイプの、違うキャラクターが全員集まった感じ(笑)。言いたいこと言って、それを誰かが拾うわけでも突っ込むわけでもなく、ずっと交差してるみたいな(笑)。すごい現場でしたね」

飯島 「彼(西銘)もよく、言いたいことを言って“あとどうにかして感”があるんですけどね」

西銘 「そうそう! ふざけてパッと帰る感じ(笑)。でもそれも、みんな笑って受け入れてくれて」

飯島 「みんな優しいよね。あの空気感に加えて、奇麗な景色と天気にも恵まれましたし」

――神奈川・伊勢原のロケはいかがでしたか?

西銘 「僕、地元が沖縄なんですけど、めちゃくちゃ帰りたくなりました。奇麗な自然とか空気のおいしさを感じたら、故郷を思い出して帰りたいな~って」

飯島 「地方の醍醐味(だいごみ)でもあるよね。人の温かさや空気感はもう出来上がってて、僕らも(出演者として)映像の中ではそこの空気を吸って生きてるので、意識はしてないんですけど故郷っていうのは感じましたね」

西銘 「景色とか空気の奇麗なところは映像でもリアルに再現されていて、撮影してもう1年がたつんですけど、試写を見たら一瞬でフラッシュバックして。ここの景色良かったな~とか、ここの川透き通ってたな~とか」

飯島 「風景の演出も多いので、そういうところも注目して見ていただければ、その世界観に入り込んで作品を楽しめるんじゃないかなと思います」

――では、それぞれ映画の役と、ご自身の似ている点や魅力は何だと思いますか?

西銘 「よかれと思って1人で突っ走っちゃうところが、相手にはちょっとありがた迷惑だなっていうシーンを客観的に見て、“あ、自分もそういう節があるな”と思って直すようにしましたね(笑)」

飯島 「そこが良くもあるんだけどね」

西銘 「それがいい形にはまるパターンもあれば、“今はやらない方がよかったかな”とかいろいろ考えるじゃないですか。それを(西銘演じる)アクトがやってて…。明るさだったりとか、“これと決めたら必死になってやる!”みたいなのも結構共通してるなって思いました」

飯島 「僕は、思ったことを曲げないっていうのは多少似ているのかなって。一本筋が通ったものというか、ブレたら男として格好悪いというか…、そういう節は(飯島演じる)ニガリにもあったんじゃないかなとは思います。“ラジオは借金してでも絶対続けてやる!”みたいな。そういう泥くさいところは、なんかいいなって思いました」

――今回、劇中歌も歌われていますが、レコーディングなどいかがでしたか?

西銘 「難しかったですね。でも劇中歌が流れた時、もう本当に自分じゃないような、すごくよく作ってくださってて感動しました! 僕らのパワフルな歌声が映画のシーンにすごくマッチしていて、あらためて本当にいい作品なんだな~って。最後に、主題歌を担当してくださったPARED(パレッド)さんの歌が流れるんですけど、やっぱりプロは違う!(笑)。圧巻でしたね」

飯島 「まずキーが高かったです…。そしてさらに、試写を見たら周りのみんなは僕らよりもっと高いんですよ…(笑)」

西銘 「レコーディングの時、『飯島くんはキーをマイナス3でお願いされてます』って言われたんですよ(笑)。僕からしたら、そっちの方が難しいじゃないですか!? (スタッフさんに)『西銘さんはキーをマイナス2でお願いします』って指示されたんですけど、『低っ!』ってなりました(笑)。今まで原曲キーでしか歌ったことがなかったので、すごく戸惑いましたね。だから難しすぎて、レコーディングに7時間くらいかかりました(笑)。大変でしたけど、映画で見た時は本当に感動しました!」

飯島 「映画の初っぱなから、僕らの歌ですからね」

――懐かしい歌と映画のシーンが本当にマッチしていました! 最後に、映画の見どころとメッセージをお願いします!

西銘 「今の時代に、ラジオがテーマになっている作品ってなかなかないと思うので、すごい作品ができたなと思いますし、昔ながらの人の温かさとか懐かしい街並みや奇麗な景色だったり、見どころがたくさんあります。劇中歌も今の曲ではなくて昔の曲ですし…。だから僕たちみたいな若い世代と、昔の文化がうまくマッチしていて、いろんな人に見ていただける作品になったなって思います。本当にオススメです!」

飯島 「ラジオって、根本的には声で人々にメッセージを伝える、もしくは感情を抱かせるっていうコンテンツじゃないですか。時代が進むにつれて、少し今どき風になりすぎているんですけど、昔からあるものですから、変わっていない部分って絶対あると思うんですよ。そこを僕ら若い世代がどうやって全世代に楽しんでもらえるか、すごく試行錯誤しながら撮った作品です。若い人だけに向けたんじゃなく、本当に全世代の方に向けたラジオの作品なので、懐かしいなって思ってくださる方も多いんじゃないかなって思います。ぜひ、お友達やご家族と見ていただけたらうれしいです!」

――ありがとうございました!

 全5回にわたってお届けしたリレーインタビュー、いかがでしたか? 映画「ツナガレラジオ~僕らの雨降Days~」はいよいよ明日、2月11日全国公開です! 10人がおくるラジオを舞台にした青春ストーリーをぜひ、劇場でご覧ください!

【プロフィール】

西銘駿(にしめ しゅん)
1998年2月20日生まれ。沖縄県出身。2014年「第27回ジュノンスーパーボーイコンテスト」グランプリを受賞し、15年「仮面ライダーゴースト」(テレビ朝日系)で主演デビュー。男性エンターテインメント集団「男劇団 青山表参道X」の旗揚げ公演「SHIRO TORA~beyond the time~」や「おおきく振りかぶって」など多くの舞台に出演。その他出演作に、ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官」(テレビ朝日系)、「コンフィデンスマンJP 運勢編」(フジテレビ系)、「Re:フォロワー」(テレビ朝日ほか)、映画「走れ!T校バスケット部」「リケ恋~理系が恋に落ちたので証明してみた。~」「ダウトー嘘つき男は誰?ー」など。


飯島寛騎(いいじま ひろき)
1996年8月16日生まれ。北海道出身。2015年「第28回ジュノンスーパーボーイコンテスト」グランプリを受賞し、16年「仮面ライダーエグゼイド」(テレビ朝日系)で主演デビュー。男性エンターテインメント集団「男劇団 青山表参道X」のメンバー。主な出演作に、映画「PRINCE OF LEGEND」「愛唄ー約束のナクヒトー」、HTB開局50周年ドラマ「チャンネルはそのまま!」など。今後の待機作にKBCドラマ「福岡恋愛白書16 クリスマス狂想曲」、映画「ブレイブー群青戦記ー」「未来へのかたち」などがある。

【作品情報】

映画「ツナガレラジオ~僕らの雨降Days~」
2月11日 全国公開

夢に破れた10人の若者が自分自身を取り戻すため、神奈川・伊勢原の“雨降山”で共同生活をしながら、ラジオ番組を制作することに。ラジオにかける彼らの思いは、人々を“ツナグ”ことができるのか。90年代のJ-POPヒット楽曲カバーに乗せて、彼らの共同生活が始まる。

監督/川野浩司 脚本/藤咲淳一
出演/西銘駿 飯島寛騎 阿久津仁愛 井阪郁巳 橋本祥平 深澤大河 ゆうたろう 板垣李光人 立石俊樹 醍醐虎汰朗/田中真弓(特別出演)/イッセー尾形

【プレゼント】

サイン入り生写真を2名様にプレゼント!

TVガイドweb公式Twitter @TVGweb (https://twitter.com/TVGweb)をフォローし、下記ツイートをリツイート。 
https://twitter.com/TVGweb/status/1359349506630766596
【締切】2021年3月9日(火)正午

取材・文/M 撮影/蓮尾美智子

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.