Feature 特集

なにわ男子主演「メンズ校」最終回の見どころは? 7人が成長した姿は必見!2020/12/23

 なにわ男子(関⻄ジャニーズJr.)演じる男子高校生たちが、離島にある全寮制の進学校でおくる自由のない日々の中で、彼らなりの“アオハル(⻘春)”を謳歌(おうか)し大切なものを見つけてゆく姿を描くドラマ「メンズ校」(テレビ東京系)。思わずキュンとしてしまう恋愛の話や、見ていて切なくなる友情の話などさまざまな“アオハル”を見せてくれた本作ですが、ついに本日(12月23日)最終回を迎えるということで、一足早く完成版を視聴させていただいた記者から、最終回の見どころシーンをお伝えします!

物語の舞台は2年後…島や寮に驚きの改革が!? そして、牧主税(道枝駿佑)たちが成長した姿とは

 牧の退学騒動が落ち着いてから月日は流れ、最終回では島や寮、そして彼ら自身の2年後が描かれています。岸田商店のリニューアルされた様子や、フェリーの運行について、さらに寮でのさまざまな改革案も行われている模様。そんな中、早速、牧が披露したのはまさかのあの先輩に似た姿…!? さらに、牧以外のメンバーたちが成長した姿も。早くも将来の夢を決めたメンバーもいたので、それぞれがどんなふうに成長したのか、お楽しみに!

あの名シーン再び! 数々の涙ぐましい脱走計画も必見

 最終回では、仲間たちの名シーンも振り返ります。神木累(高橋恭平)が、恋心を抱く真奈(加藤小夏)を最後に見送る時に伝えた心からの思いや、花井衛(⻑尾謙杜)が「フリルが好き」と告白した時に牧が返してくれた力強い言葉、源田新(藤原丈一郎)が元カノの奈緒(原愛音)のために奮闘した姿や、桃井天(大⻄流星)がみんなに自分のことを打ち明けたシーンなど名シーンばかり! 何回見てもウルッとくるので、ドラマを見ながら一緒に振り返ってみてくださいね。あわせて、野上英敏(西畑大吾)を筆頭に企てられるも失敗に終わってきた数々の涙ぐましい脱出劇も再び登場しますので、ツッコみながらご覧ください(笑)。

大学生になった藤木一郎(大橋和也)先輩が帰ってきた!

 みんなの寮長だった藤木先輩が、卒業後に大学生になって帰ってきた姿も!! 寮長の時も面倒くささ満載の藤木先輩でしたが、大学生になって…やっぱり、面倒くさいままでした(笑)。そんな先輩は「今日はここに大切な忘れ物を取りに来た」と言って寮のある部屋へ向かいますが、果たしてそんな先輩の驚がくの忘れ物とは? そして、それに対して桃井と花井をはじめみんなが激怒!? どんな忘れ物だったのか、そしてなぜ桃井たちが怒ったのかもお見逃しなく!

 と、最終回まで相変わらずわちゃわちゃの7人ですが、最後には全員でタイムカプセルを埋める一幕も。野上が「これ以上の宝はない」と豪語するほどの思い出の品を埋めつつ、その後は、おなじみの海への全力ダッシュ! 牧たちが一生懸命“アオハル”を謳歌する姿で、私たちにも日々を過ごす上で大切なことを教えてくれた「メンズ校」。彼らの爽やかな“アオハル”が見られなくなってしまうのは寂しいですが、その分、最終回での7人の姿をしっかり目に焼き付けたいですね!

【番組情報】

ドラマホリック!「メンズ校」(最終回) 
テレビ東京系
水曜 深夜0:12~深夜0:52

テレビ東京担当 Y・O



この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.