Feature 特集

【全日本シニア合宿リポート①】鍵山優真選手、佐藤駿選手、田中刑事選手のインタビューを全文掲載!2020/07/27

 全日本シニア強化合宿が関空アイスアリーナで行われ、7月21日には報道陣に練習風景が公開されました。今回は、鍵山優真選手、佐藤駿選手、田中刑事選手のインタビューをたっぷりとお届けします!

●鍵山優真選手

――合宿で取り組みたいことは何でしょうか?

鍵山 「まずプログラムを新しくしたので、レベルチェックなどをしてもらい、もっといいプログラムに近づけられればいいなと思います」

――合宿の雰囲気はいかがですか?

鍵山 「初めてのシニア合宿なので緊張していたのですが、先輩の方々がフレンドリーに話しかけてくれたので、今はすごく楽しいです」

――新型コロナウイルス感染症拡大の影響で練習ができなかった時期があったと思います。練習を再開できたのはいつでしょうか? また現在の状況は?

鍵山 「緊急事態宣言が出る少し前くらいから滑ることができなくなって、1カ月半くらいは滑ることができない期間がありました。滑れるようになったのは、緊急事態宣言が解除されてから2日後くらいです。今は、クラブの(リンクの)貸し切りなどが元通りになってきました。だいぶスケートの調子を取り戻すことができていて、すごく良い状態です」

――自粛期間中は新しいトレーニングを取り入れましたか?

鍵山 「スケートに必要な筋肉、例えば(ジャンプを)降りる時の腹筋や、跳び上がる時の脚の筋力、体幹(のトレーニング)などをやりました。あとは、縄跳びなどを使って瞬発力を上げたりとか。そういうトレーニングをしていました」

――佐藤選手とは連絡を取り合っていましたか

鍵山 「あまり連絡は取っていなくて、たまにするぐらいでした。『元気?』『いつから練習できるの?』とか、お互いの状況について話をしていました」

――スケートに対して心境の変化はありますか?

鍵山 「モチベーションが下がることは、あまりなかったです。モチベーションを保つために自分の昨シーズンの動画を見たりして、『これを超えてやる』という思いでいました」

――新プログラムについて教えてください。

鍵山 「ショートは『Take Five』というジャズ系の曲で、フリーは(スタジオ)ジブリの『もののけ姫』のサントラを使いました。両方、佐藤操先生の振り付けです」

――新プログラムのテーマを教えてください。

鍵山 「ショートはちょっと大人っぽい曲なので、操先生には『もうちょっと大人になってからの方がいいんじゃない?』って言われたんですけど(笑)、僕はこの曲を大人っぽく演じたいなと思ったので使わせていただきました。フリーは(作曲家の)久石譲さんが好きなので選びました。力強い曲や切ない曲があるので、表情・表現をうまく使い分けていきたいと思っています」

――ジャンプ構成について教えてください。

鍵山 「現時点ではショートは4回転(ジャンプ)2種とトリプルアクセル。フリーでは4回転2種、3本入れて、トリプルアクセルも2本入れる予定です。ショートはまず最初は4回転サルコウのコンビネーションで、次に4回転トウループが入っています。フリーは4回転サルコウが2本で4回転トウループが1本です」

――例年と比べて仕上がり具合はいかがですか?

鍵山 「ショートもフリーもまだできたばかりなので、あまり滑り込めていないのですが、試合までには自分のものにできたらいいなと思っています」

――シニアに上がる決断をしたのはいつでしょうか?

鍵山 「昨シーズン後半の全日本選手権2019くらいからある程度は決めていて、四大陸選手権2020が終わったくらいで『確実にシニアに上がる』と決めました」

――今季は、北京冬季オリンピックのプレシーズンです。意気込みをお聞かせください。

鍵山 「このような状況なので無事に開催されるかというのも完全には分からないのですが、オリンピックはどこかには必ずあると思うので、しっかりと技術も演技も磨き上げていって、オリンピックに出られるように頑張りたいと思います」

――日本のシニア男子の中での自分の位置をどう捉えていますか?

鍵山 「自分自身では、本当に『まだまだ』だと思っていて、自分以外にも(北京冬季オリンピックを)狙っている人はたくさんいるので、その人たちに負けないくらい練習をして、自分の力で北京冬季オリンピックの枠を取りたいと思います」

――シニア1シーズン目をどんな1年にしたいですか?

鍵山 「何事も恐れず、どんどん挑戦していきたいと思っています」

ページ: 1 2 3

この記事をシェアする




Copyright © Internet TV Guide. All rights reserved.