Feature 特集

恋が実った“宗介”中島健人&“愛”小芝風花、幸せは最高潮に! しかし宗介に再び危機が――放送前、村瀬紗英らがインスタライブも「彼女はキレイだった」第9話2021/09/07

 Sexy Zone・中島健人、小芝風花、赤楚衛二、佐久間由衣による四角関係、そしてそれぞれの決意と選択に心を揺さぶられる、この夏一番の純愛ラブストーリー「彼女はキレイだった」(フジテレビ系=関西テレビ制作)の第9話が、9月7日に放送。

第9話あらすじ

 長谷部宗介(中島)が過労で倒れた。佐藤愛(小芝)は連日激務をこなす宗介を心配するが、当の宗介は、愛と晴れて恋人同士になれた喜びでいっぱい。仕事にもより一層精を出し、存続が懸かった次号の目玉企画として、メディアにほとんど出ない人気アーティスト・アリサの独占インタビューをとってくる。

 一方の愛は、宗介との恋が実ったことで樋口拓也(赤楚)に対し気まずさを感じていた。そんな愛の胸中を察した樋口は、「気を使わなくていい」と愛の“最高の友達”になることを宣言。恋人にはなれなくても、せめて仕事仲間として、これまで通りの関係でいたいと願っていた。

 そんなある日、休日出勤している宗介に弁当を差し入れた愛は、「(宗介が副編集長を務める)雑誌『ザ・モスト』の存続が決まったら、プロポーズする」と告げられ、2人の幸せは最高潮に。しかしそこへ、週刊誌にアリサのスクープ記事が出るという知らせが飛び込み、独占インタビューはお蔵入りが決まってしまう。

 次号の締め切りまであと数日、編集部員たちが急いで新たな取材対象者を探す中、白羽の矢が立ったのは、年齢・性別・国籍すべて非公表の謎の小説家・楠瀬凛。しかし、出版社の編集担当者ですら、楠瀬凛本人に会ったことはないといい、交渉は難航。タイムリミットが刻一刻と迫り、後がなくなった宗介は、あることを決断して…。

 また、第9話放送直前の午後7:30より、「ザ・モスト」編集部員のインスタライブを実施。本多力、寒川綾奈、村瀬紗英、山田桃子が登場し、ドラマの見どころなどを語る。寒川綾奈アカウント(@sogawaayana)、村瀬紗英アカウント(@saepiiii.m)、山田桃子アカウント(@_momoko_yamada)、ドラマ公式(@kanokire.tue21)で実施予定(当日のスケジュールにより、時間が変更になる可能性あり)。

【番組情報】

「彼女はキレイだった」
フジテレビ系
火曜 午後9:00~9:54

フジテレビ担当 M・M



この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.