Feature 特集

土田玲央が母校を凱旋訪問!「声優を志したのは自分の声が嫌いだったから」2021/09/07

 8月26日、土田玲央さんが、声優を志す若者が学ぶ母校の東放学園に凱旋(がいせん)、在校生向けのオンライントークショーを開催しました。在校生の皆さんは、声優として大活躍中の土田さんにドキドキ。土田さんは、“声優として活躍するにはどういったことに気を付けて生活したらいいのか?”や“在学中に取り組むべきことは?”など、在校生からの質問に真摯(しんし)に答えました。

 このイベントは土田さんが出演されている2次元アイドルコンテンツ「Prince Letter(s)! フロムアイドル」とのコラボレーション企画で、イベント内ではYouTubeで公開中の土田さん演じる亜月アキトのポエトリーリーディングや、ボイスドラマの公開、さらに9月12日に開催される「Prince Letter(s)! フロムアイドル」のオンラインライブの告知も行われました。

 イベント直後の土田さんに直撃し、今の率直な思いや、オンラインライブに向けた意気込みを伺いました。

――母校でのイベントを終えて、今どんなお気持ちですか?

「在校生とやりとりができたのですが、みんなすごいフレッシュで! 自分が学生だった時のことを思い出して、懐かしくなりました」

――在学時代を思い出されたとのことですが、あらためて声優を志したきっかけを教えてください。

「昔からアニメや漫画が好きだったんです。でも、その当時はアニメをたくさん見られる環境ではなくて…。漫画はたくさん家にあったので、それを自分で音読したものを録音して、それを聞きながら漫画を読んで、アニメを見ている気持ちになっていました(笑)。でも自分自身の声は嫌いだったので、アニメの格好いいキャラクターたちの声まねをして…。そうしているうちに、声で演じるということに興味を持って、仕事にしたいと思うようになりました」

――ご自身の声が嫌いだったというのが、とても意外で驚きました! イベント内でキャラクターの声のまま歌うのは難しいとお話をされていましたが、ポエトリーリーディングと歌、どちらの方が難しいですか?

「アキトは感情が前に出るタイプなので、歌の方が取り組みやすいかもしれないです。ポエトリーリーディングは、『この小節の間にこの文字数言わなくてはいけない』という点が難しくて…。ラップなどでは、自分なりにアレンジした結果、尺からはみ出していてもそのテークが採用されたりするので、ポエトリーリーディングの『決められた尺の中で言葉を感情をこめて言う』っていうのは難しいなと思いながら収録しました」

――ポエトリーリーディングは土田さんにとって新たな挑戦だったということですね。イベント内でご自身を“臆病な動物”と表現していらっしゃいましたが、具体的にどんな動物だと思いますか? また、アキト、yuzu、シンのSTAr(s)!のメンバーを動物にたとえると何でしょう?

「僕自身は、動物園にいるイヌ科で、おりの前に『フラッシュをたかないでください!』って書いてある動物だと思います(笑)。アキトは完全にイヌですよね。元気だし、運動もできるし…。柴犬っぽいなって(笑)。yuzuくんとシンくんはまだまだボイスドラマで語られていない魅力がたくさんあるので、保留にします(笑)」

――9月12日に開催されるオンラインライブでは、アキトは歌えそうですか?

「まだ分からないですね。ボイスドラマを聞いてくださっている皆さんはご存じの通り、彼だけレコーディングにも参加できなかったので…(笑)。オンラインとはいえ、レコーディングの時以上にたくさんの人がいる前で歌声を披露することは、今のアキトには難しいのではないでしょうか。ただ、皆さんからいただいたお手紙が、きっとアキトの背中を押してくれるはずなので、たくさん応援のお手紙を送っていただけたらうれしいです。お手紙の数が多ければ多いほど、それがアキトの支えになってくれるはずなので!」

 アキトがオンラインライブで歌えるかどうかは、ファンの皆さんの応援にかかっているとのこと。アキトもきっと、この壁を乗り越えて大きな一歩を踏み出したいはず…。それを後押しできるのは、手紙でアキトとつながれる皆さんです。ぜひ、亜月アキトを舞台に立たせてあげましょう。

 そんな注目の大舞台、オンラインライブのチケットは現在発売中。 ぜひあなたの応援でアイドルになる(かもしれない)アキトを、そしてSTAr(s)!を見届けてください。

【プロフィール】

土田玲央(つちだ れいおう)
1月6日生まれ。北海道出身。山羊座。2014年に声優デビュー。人気アイドル育成ゲーム「あんさんぶるスターズ!」シリーズ(15年~)で朱桜司役を演じる。また、アニメ「池袋ウエストゲートパーク」「スケートリーディング☆スターズ」(ともにTOKYO MXほか)や、劇場アニメ「復興応援 政宗ダテニクル 合体版+」(21年)、Webアニメ「中卒労働者から始める高校生活」(18年)などに出演。

【作品情報】

「Prince Letter(s)! フロムアイドル」はアイドルと直筆の手紙のやりとりもできる「音楽と手紙で紡がれるアイドルプロジェクト」です。YouTubeフロムアイドル公式チャンネル、ニコニコ動画及び公式Twitterにてボイスドラマ「Prince Letter(s)! フロム亜月アキト」を期間限定無料公開中。(https://youtube.com/playlist?list=PLC3h3QI0C-jmUf0q8cfHIsHEyGP3u4ecY

ボイスドラマ本編と連動したオンラインライブ公演「定期公演ノヴァ」
公演日時:9月12日 17:00開演
※チケットは以下サイトにて絶賛発売中。
LINE LIVE-VIEWING:https://viewing.live.line.me/liveg/545
ローチケ LIVE STREAMING:https://l-tike.com/prince-letters

<出演>
亜月アキト(土田玲央) yuzu(堀江瞬) 冥王院シン(土岐隼一)

取材・文/永井彩華(テレビ東京担当) 撮影/蓮尾美智子

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.