News ニュース

沢村一樹が波瑠主演「ナイト・ドクター」で救急医をまとめる偏屈で毒舌の指導医に2021/05/18

 沢村一樹が、フジテレビ系で6月にスタートする連続ドラマ「ナイト・ドクター」(月曜午後9:00、開始日未定)に出演することが分かった。

 本作は、夜間救急専門の“ナイト・ドクター”結成のために集められた、年齢も性格も価値観も全く異なる医師たちが、夜は命に、昼はそれぞれの人生に向き合いながら唯一無二の絆を紡いでいく青春群像医療ドラマ。主演の波瑠が演じる、柏桜会あさひ海浜病院でナイト・ドクターとして働くことになる主人公・朝倉美月が、救急医の成瀬暁人(田中圭)、深澤新(岸優太)、桜庭瞬(北村匠海)、高岡幸保(岡崎紗絵) と共に、“365日24時間、どんな患者も断らないナイト・ドクターとして奮闘する。

 沢村が扮(ふん)するのは、くせ者ぞろいのナイト・ドクターをまとめる指導医・本郷亨。ニューヨークで夜間勤務専門の救急医をしており、ナイト・ドクター結成のために、日本へと無理やり呼び戻された現役のナイト・ドクターだ。並外れた技術を持つ一方、偏屈で毒舌、美月たちを皮肉交じりに厳しく指導する。

 沢村は本郷の役柄を「本郷先生、かっこいいんですよ(笑)。若い医師に比べて何十倍という“人の生き死に”を見てきているので、それが体にも心にも染みついている男」と解説。撮影現場には“救命救急医の心得”という本が置いてあるそうで「そこには“どんな状況であっても患者の前では絶対に笑うな”と書いてありました。救急は360°全て見えていないといけない現場なんだと思います。まだ分からないことも多い若い医師たちとの違いを、そういったところで出せれば」と意気込んでいる。

 チームの5人の印象については「ナイト・ドクターのみんなは、いろいろな事情を抱えながら医師になっていて、作品自体が少し重く感じられるのかな?と思ったんですが、5人みんな若いので、“目の前にどんな悩みがあっても、どうにかしてやろう”というエネルギーを感じます。若いエネルギーというのは、そういう悩みも重々しくなりすぎないのかなと思います」と明かす。

 そして「月曜9時からのドラマなので、1週間が始まって、次の日から頑張るぞと思える作品にしたいです。自分がいつ患者になるか分からない世の中です。当たり前だと思っている普段の生活や、周りにいる人たちの大切さだったり、今までと違う目線で日常のさまざまなことをあらためて見ることができる。この作品がそのきっかけになればいいなと思います」とメッセージを寄せている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.