News ニュース

神宮寺勇太が感激!“日本最西端のKing & Princeファン”に遭遇2021/05/18

 テレビ朝日系では本日5月18日、日本全国の“名所”から一番近い家に住んでいる人々とその物件を紹介していく新感覚バラエティー「名所から一番近い家」(午後8:00)が放送。番組初となるゴールデンSPとなる今回、MCを務めるKing & Princeの神宮寺勇太が、日本最西端・与那国島を訪れる。

 2度目のロケ参戦となった神宮寺が目指すのは、沖縄県の与那国島にある“日本最西端の碑から一番近い家”。台湾までおよそ111kmの距離という国境の島として知られる与那国島は、日本の一番西にあることから“夕陽が最後に沈む島”としても有名だ。

 独自の文化や生き物が息づく与那国島の、日本最西端の碑がある西崎から一番近い家を目指して歩き始めた神宮寺だったが、気温27℃の中でスリーピースのスーツを着込んだロケは想像以上の過酷さとなった。さらに、生き物がちょっぴり苦手な神宮寺の前には、驚きの生き物が出現する。

 苦労の末、最西端の地に住む住人に出会った神宮寺は「夏場は夜8時まで明るい」「西日が強すぎて目が開かないこともある」など、日本最西端ならではの驚きの暮らしを知ることに。また、年に数回だけ見ることのできる「水平線でなく台湾に沈んでいく夕陽」があるという情報もゲット。加えて「いろんな絶景も見られたけど、これが一番うれしい!」と神宮寺の本音がこぼれた、“日本最西端のKing & Princeファン”は、果たしてどのメンバーのファンなのか?

 前回の放送では、日本最南端の有人島・波照間島を訪れた神宮寺。与那国島でのロケ中に、その時のオンエアを見たと言ってくれた住人も。神宮寺は「『いつかここにも来てくれないかな』と待ってくださっていたと聞いて、うれしかったです。今回もこんな僕が来ても歓迎してくれた与那国島の皆さんにはとても感謝しています」と心境を語った。

 さらに、番組では「世界遺産・厳島神社」「別府温泉」「富士急ハイランド」など、魅力あふれる日本の名所から一番近い家を徹底調査し、そこに住むからこその驚きの暮らしぶりも伝える。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.