News ニュース

加藤浩次が「スッキリ」卒業後の近藤春菜、水卜麻美と初再会2021/04/28

 BS日テレで5月5日放送の、極楽とんぼ(加藤浩次、山本圭壱)が出演する「週末極楽旅」(水曜午後9:00)は、ハリセンボン(近藤春菜、箕輪はるか)を迎えて「千葉・春爛漫!南房総の旅 前編」と題しておくる。

 今回、近藤が日本テレビ系情報番組「スッキリ」(月~金曜午前8:00)を卒業して、ちょうど1週間たった朝にロケがスタート。集合場所に現れたハリセンボンの2人に、加藤は「春菜、1週間ぶりだな!」と声をかけ、早朝の仕事がない生活を送る春菜に近況を尋ねると「正直、気持ちに余裕ができた。前日の収録が夜遅くまで押すと、心のどこかでイライラしちゃってたのが、1時間押しますと言われても、全然、全然!という感じです」と報告。

 そんな中、同じく「スッキリ」で共演していた日本テレビの水卜麻美アナウンサーが登場。初対面の山本は「初めまして。加藤がずっとお世話になりました」と深々とお礼をすると、水卜アナは「『極楽旅』のロケでそろうと聞いて、見送りに来ました。会いたかったんです!」と伝え、加藤と近藤も「うれしい!」と盛り上がる。加藤が「どう?」と聞くと、「はっきり言って、(現在総合司会を務めている)『ZIP!』(月~金曜午前5:50)はめっちゃ難しくて。この1週間は結構大変で。お二人の顔みたらホッとして、本当に来てよかったです。今は深夜の2時に起きてます」と新生活の様子を語る。

 水卜アナに見送られ、週末極楽旅のコーディネーター・山本の運転で旅はスタート。千葉へ向かう。車内で春菜が極楽とんぼに「『スッキリ』が始まる時って、2人でお話したんですか?」と質問すると、加藤は「いや、マネジャーが伝えただけ」と当時は互いの仕事の状況を共有していなかったという。マネジャーから聞いた山本は「俺は、火曜と水曜に『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)の収録があったから大丈夫?」と心配していたそうだが、加藤は「俺自体は『スッキリ』は半年で終わると思ってたから。『スッキリ』3カ月くらいの時に山本がやらかして。それから勉強を始めたのよ。それがなかったら絶対続いてなかった」と告白。さらに、極楽とんぼで過去に殴り合いに発展したというけんかの内容が明かされる。

 その後、車を走らせること50分。最初に訪れたのは、君津市にある「日本料理 武平」。千葉県外房でとられた伊勢海老などが入ったどんぶりなど、豪華な海鮮物が登場。続いて「マザー牧場」でヤギの餌やりや、敷地内のわくわくランドでジップラインを体験し、「発酵浴 湯らら」で砂風呂のようにヒノキのおが粉に入る風呂で疲れを癒やす。

 宿は昨年オープンしたばかりの一軒家ヴィラ「オーシャンリゾート プールハウス」で1泊。夕食時の話題は、ハリセンボンの今後について。箕輪は「ピンで仕事できるのも幸せなんですけど、2人でロケに行ったりライブやったり、コンビでいると面白いよね、と言ってもらえるようになりたい」、春菜も「私もライブをやりたいですね。お客さんの笑い声をダイレクトに聞きたい。全国も回りたい」と展望を告白。

 旅を終えた春菜は「5年間、毎日加藤さんと会っていても旅は初めてでしたので、新しく知る一面もあって、めちゃくちゃ楽しかったです! 極楽とんぼさんとハリセンボンという親戚のような旅をぜひご覧ください! 奇跡も起きてます!」とアピールしている。

 箕輪は「年齢とか先輩・後輩とかを忘れるくらい、修学旅行のような雰囲気で楽しかったです! いつもなら食べきれない量のメニューを頼んだり、花に囲まれていい気になったりしてしまいました。千葉には人を開放的にさせる何かがあるのかもしれません。極楽とんぼさんがスリッパの脱ぎ方で子どもみたいに言い合いしているところを見て、いい旅だなぁと思いました。また行きたいです!」と旅を満喫し、感想を語っている。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.