News ニュース

伊藤沙莉、「大豆田とわ子と三人の元夫」ナレーションに「幸福すぎて叫びました」 今夜もサプライズが!?2021/04/20

 伊藤沙莉が、ナレーションを務めるフジテレビ系連続ドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」(火曜午後9:00=関西テレビ制作)への思いを語った。

 同ドラマは脚本家・坂元裕二氏の完全オリジナル作品。松たか子演じるバツ3の主人公・大豆田とわ子が3人の元夫(松田龍平、角田晃広、岡田将生)たちに振り回されながらも日々奮闘するロマンティックコメディーだ。

 4月13日放送の第1話では、伊藤のナレーションを皮切りに、斎藤工演じる“船長さん”の登場やSTUTS &松たか子 with 3exesによる主題歌やエンディング映像など、未発表のサプライズ情報が次々と明らかになった。特に、とわ子の登場シーンで「これ、歩いている大豆田とわ子」とナレーションが流れると、早くも伊藤の声に気付いた視聴者から驚きの声が上がり、「伊藤沙莉」がTwitterのトレンドワードにも名を連ねるなど、大きな反響を呼んだ。

 放送翌日には、自身のInstagramで「やっっっっっっと言える!! サプライズでございます」と喜びを語っていた伊藤は、ナレーションのオファーに「一度だけ学園モノの生徒役で出演させていただいて以来の、念願の坂元裕二さんの作品でオファーしていただいた時は、一ファンとしては作品に携わることができるということが幸福すぎて叫びました。今は連載を待っているようなワクワクした気持ちで、台本がくるのを毎回楽しみにしています」と抜てきに喜び爆発。

 ナレーションに臨む上では「作品(登場人物など)と視聴者さんの間にいられたらいいなと思っています。もちろん存在として作品寄りではありますが、ナレーションのセリフも、せっかくおかしみのある、時に温かい言葉をいただいたからには、そういう空気を大切にしつつ、かゆいところに手が届く感じになるといいなとひそかに思っています」と明かす。

 第2話放送に向けて「連続ドラマはきっとそういうものだとは思いつつも、やっぱり毎週火曜が来るのが楽しみで仕方なくなる。そうなることで、ちょっと視界がワントーン明るくなる。そんなドラマだと思います。登場人物のおかしくもいとおしい言動を、かと思いきや、突然胸が“キュウ”ってなる感じを、ぜひナレーションと共に楽しんでいただけたら」と望んでいる。

 放送で初解禁となる新鮮な驚きもこのドラマの魅力の一つだが、主題歌は第1話のエンドロールで「主題歌(第一話)」と表記されており、第2話の主題歌も気になるところ。サプライズの連続だった第1話に続き、第2話の放送も見逃せない。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.