News ニュース

松たか子主演「大豆田とわ子と三人の元夫」スピンオフ配信決定。本編とは異なるパラレルな世界の物語2021/04/13

 フジテレビ系では本日4月13日から、松たか子主演の連続ドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」(火曜午後9:00=関西テレビ制作)がスタート。このほど、同作のスピンオフドラマ「チェインストーリー 大豆田とわ子を知らない三人の男たち」がドラマ本編の地上波放送終了後から、GYAO!(https://yahoo.jp/Db-dBE)で独占配信されることが決定した。

 本編の「大豆田とわ子と三人の元夫」は脚本家・坂元裕二氏による完全オリジナルストーリーで、3回結婚して3回離婚したバツ3の子持ち独身女性・大豆田とわ子(松)が、3人の元夫に振り回されながら日々奮闘する姿を描くコメディー。とわ子のことを忘れられない元夫として、最初の夫・田中八作を松田龍平、2番目の夫・佐藤鹿太郎を角田晃広、3番目の夫・中村慎森を岡田将生が演じる。

 スピンオフドラマでは「元夫たちがとわ子と出会っていないパラレルな世界」で生活していたら…という設定となっており、本編でも登場するレストラン「オペレッタ」を舞台に物語が繰り広げられていく。

 本編では「オペレッタ」のギャルソンである八作も、弁護士の慎森も、カメラマンの鹿太郎も、こちらの世界では「オペレッタ」の日替わりシェフとして働いている。そして、3人はとわ子のことを知らない。また、本編ではとわ子の部下・松林カレン(高橋メアリージュン)が、スピンオフドラマでは配達員として店を出入りするなど、そのほかの登場人物たちも“個性的なキャラクターを生かした別の設定”で現れ、3人の下で働くスタッフ・丸田タカト役で小泉光咲が出演する。

 ストーリーを手掛けるのは、坂元氏自身が教鞭をとる東京藝術大学大学院・映像研究科の卒業生で、坂元氏のゼミで鍛え上げられた若き2人の脚本家、市之瀬浩子氏と兵藤るり氏。演出・瀧悠輔氏をはじめ、ドラマ本編のスタッフが制作を担当する。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.