News ニュース

市川実日子、高橋メアリージュン、石橋静河が「大豆田とわ子と三人の元夫」に出演2021/03/04

 松たか子が主演を務める、4月スタートのフジテレビ系連続ドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」(火曜午後9:00=関西テレビ制作、開始日未定)に、市川実日子、高橋メアリージュン、石橋静河、石橋菜津美、瀧内公美、豊嶋花、近藤芳正、岩松了が出演することが決まった。

 本作は、映画「花束みたいな恋をした」が大ヒット公開中の脚本家・坂元裕二氏による完全オリジナルストーリーで、3回結婚して3回離婚したバツ3の子持ち独身女性・大豆田とわ子(松)が、3人の元夫に振り回されながら日々奮闘する姿を描くコメディー。とわ子のことを忘れられない元夫として、最初の夫・田中八作を松田龍平、2番目の夫・佐藤鹿太郎を角田晃広、3番目の夫・中村慎森を岡田将生が演じる。

 市川が演じるのは、とわ子の親友・綿来かごめ。不器用で仕事は長続きしないものの、自由で楽しく生きている。とわ子とは、一緒にいるだけで、楽しいことも悲しいことも分け合うことができる存在だ。

 「脚本を読んでいると登場人物みんな、自分の知っている人のような気がだんだんしてきて、『今まで誰かに話すまでもなかった、日常の中のちっちゃなハテナ』を一緒に披露したくなりました。皆さん個性があります」と作品の魅力を表現する市川は、「かごめは自分の個性を受け入れて、今生きている人です。いろんな人がいて、いろんな気持ちがある。素直で面倒で愛らしい。見てくださった方の心がほんのり柔らかくなってくれますように。そう願っています」と語る。 

 また、とわ子の部下・松林カレンに扮(ふん)するのが高橋。とわ子が社長を務める建設会社「しろくまハウジング」営業部の責任者で、いくつかのベンチャー企業を渡り歩いてきたやり手。意識が高く、仕事面でとわ子を支える。

 高橋も「こんなにクスッと笑いながら脚本を読めること、この作品に出演できることを幸せに思います。人の普段見逃しがちな行動が細かに面白く描かれていて、読みながらずっと笑い、そして伏線回収に感動しております。この作品の世界に約3カ月間入れるのがとても楽しみです」と期待し、「今作では、華やかな容姿の中のその人を映し出せたらなと思います。監督とプロデューサーさんに言われた『ドキュメンタリーを撮る感覚』という言葉に役者としてとてもワクワクしています」と声を弾ませる。

 さらに、とわ子の最初の夫・八作の親友の彼女で、八作がギャルソン兼オーナーを務めるレストラン「オペレッタ」の客として登場する、三ツ屋早良役を務めるのは石橋。女性に自動的にモテてしまう八作と恋の展開もありそうだ。 

 「脚本を読んで、思わず1人でゲラゲラ笑ってしまいました。それぞれのキャラクターが軽快で切実で、早く完成した作品を見たい!と思いました」と絶賛する石橋は、恋愛に自由奔放な役柄を演じるにあたり「早良さんはとても積極的な女の子ですが、好きという気持ちに真っすぐなのはすてきなことだと思います。チャーミングに演じられるよう頑張ります。一生懸命に生きる人たちを、時にクスッと時にエールを送りながら、見ていただけたら幸いです。お楽しみに!」とメッセージを寄せている。

 さらに、石橋菜津美、豊嶋花、瀧内公美、近藤芳正、岩松了が、とわ子と3人の元夫を取り巻く個性的な人々として抜群の存在感を発揮し、脇を固める。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.