News ニュース

JO1、初の地上波冠番組決定!“インパクトパフォーマンス”を披露2021/03/04

 フジテレビでは3月26日に「トレスギJO1」(深夜0:55、関東ローカル)を放送。グローバルボーイズグループ・JO1が初の地上波冠番組で、“世界に通用するインパクトパフォーマンス”の習得を目指す。

 番組では、“世界に通用するインパクトパフォーマンス”、すなわち多くの人の記憶に残るような強烈なパフォーマンスを、メンバーそれぞれが事前に特訓・習得。収録スタジオに集まったJO1メンバーや、芸能人審査員の前で1人ずつ披露する。しかし、JO1メンバー11人による渾身(こんしん)の“インパクトパフォーマンス”が撮れすぎてしまい、放送時間が足りないという事態が予想されるため、全員分をすべてをオンエアすることは不可能。JO1メンバー同士による、地上波オンエア枠を懸けた壮絶な戦いが繰り広げられる。また、放送に先駆け、メンバーからのコメントが到着した。

 大平祥生は「この番組をきっかけに、たくさんいろいろなことに挑戦して自分自身が成長していけたらいいなと思っています。そして視聴者の方々に楽しんでいただけるように全力で自分自身も楽しんでいきたいと思います! とにかくJO1初の地上波番組が成功できるように、メンバーみんなと楽しんで、スタッフさんに感謝しながら、JAM(JO1ファンの呼称)に感謝しながら、楽しんでいきたいです! みんな、待っててね〜!★」、川尻蓮は「今回、まだ打ち合わせをした段階で、撮影自体は始まっていないのですが、すでにかなり楽しみです! トレスギてしまう僕たちの魅力を伝えながら、見ている人たちに元気と勇気を与えられるような番組になればいいなと思っています! すてきな番組になるよう、メンバー、スタッフの皆さんと協力していきたいです! ぜひ、ご視聴ください!」と力を込める。

 川西拓実は「初めての地上波冠番組をやらせてもらうということで、初めて聞いた時はとても驚きました。僕たちにできることはあるのかなと少し不安な気持ちもありましたけど、とてもうれしい気持ちです。今回の番組で僕たちJO1のことを知らない方にも知ってもらえる機会をいただけて本当に感謝しています」と戸惑いつつも、「JO1を知ってくれている方にももっといろんな姿をお見せできるようになればと思います。僕たちがこのように活動できるのは、応援してくださっているファンの皆さんや、スタッフの皆様のおかげだと思い、心から感謝しています。たくさん楽しんでいただけるとうれしいです。これからもJO1をよろしくお願いします」と意気込む。

 また、木全翔也は「正直まだ自分たちが冠番組を持つということに実感は湧いていませんが、メンバーやスタッフの皆さんと楽しく面白い番組を作っていけたらと思っています!! お楽しみに!( ° ʖ °)」と率直な心境を述べ、金城碧海も「僕たちJO1の初の地上波冠番組が“決定”しました!!…と聞いた時はすごくビックリしました。僕たちみたいな新人がもう冠番組を持てるなんて…。JO1を愛してくれるJAMとその熱意に応えるように僕たちをサポートして愛してくれるスタッフの方々のおかげだと、あらためて感謝の気持ちで感動しました。いつも応援ありがとうございます!! 今回は、メンバーが汗をいっぱいかく企画らしいです!! 乞うご期待!」、河野純喜は「今年1年、さまざまなことに挑戦していくというテーマをJO1として掲げていて、その大きな第一歩になるなと思っています。メンバー同士で力を合わせたり、時には勝負したり、さまざまな一面を知っていただけたらうれしいです。一生懸命頑張ります。よろしくお願いします」と気合十分だ。

 佐藤景瑚は「ずっと学校の勉強はしてこなかった分、人を楽しませる勉強はしてきたので、みんなの足を引っ張らないよう頑張りたいと思います。どんどん体を張ってボロボロになって成長していけたらいいなと思います!」としつつ、「メンバーをいじり倒していきたいと思います。特にじゅんきくん(河野)」と自身のキャラクターを生かすべく、抱負を明かす。

 白岩瑠姫は「こういう機会を与えてくださることで、少しでも多くの感謝をみんなに返していけるので、絶対に見ていて楽しい番組にできるように最善を尽くして頑張っていきたいと思います。この機会を作ってくれたたくさんの方々にも感謝です。僕自身もまだまだなので、この番組を通していろんなことに挑戦して、もっといろんな方に知っていただき、もっと多くの方と一緒に挑戦し続けていきたいと思います。これからもずっとよろしくお願いしますね」と真摯(しんし)に挑む。

 鶴房汐恩は「おはようございます。こんにちは。こんばんは。おやすみなさい。JO1の鶴房汐恩です。今回、フジテレビさんで僕たちの特番が放送されるということで本当に心からうれしい気持ちでいっぱいです。まだデビュー2年目の僕たちにこのようにいろいろ経験させていただける場を作っていただき、誠にありがとうございます。精いっぱい、頑張ります(暴走)」と感性あふれる言葉で表し、豆原一成は「僕はバラエティー番組があんまり得意ではないので、すごく今から緊張しています(笑)。ですが、新しい自分を出して11人で面白いものを作って頑張っていこうと思っていますので、よろしくお願いします! 何かアドバイスがあればなんでも言ってください!」と不安を吐露しながらも、新境地開拓するべく前向きに挑む。

 そして、リーダーの與那城奨は「僕たちJO1の初の地上波冠番組ということで、本当にうれしく思っています。デビューしてまだ浅い僕たちがまさか冠番組をもらえるなんて…まるで夢のようです。こうやって地上波で初の冠番組をやらせていただけるのも、僕たちをいつも支えてくれるJAMのみんなのおかげです。見てくれる人たちがもう一度見たい!!と思ってくれるような番組にしていきたいと思います!! よろしくお願いします!!」とメッセージを寄せている。

 なお、放送後には撮れすぎてしまった未公開映像をTVerおよびFOD限定で配信予定だ。

キーワード

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.