News ニュース

“プデュ”出身11人組ボーイズグループ・JO1デビュー!福岡出身・川尻蓮の凱旋プロモーションに密着2020/03/04

 視聴者がデビューするメンバーを投票で決める、韓国の音楽専門チャンネルMnetの「PRODUCE 101」。そんな人気番組の日本版「PRODUCE 101 JAPAN」(GYAO!/初回、最終回はTBS系でも放送)の放送がスタートしたのは、2019年9月のこと。応募総数約6000人から書類・実技選考に通った101人が“練習生”としてオーディションに参加。彼らは歌やダンスなどのステージに挑戦し、番組視聴者である“国民プロデューサー”による投票によって勝ち残ったメンバーに、今年のデビューが確約された。

 選ばれたのは豆原一成、川尻蓮、川西拓実、大平祥生、鶴房汐恩、白岩瑠姫、佐藤景瑚、木全翔也、河野純喜、金城碧海、與那城奨の11人。グループ名をJO1(ジェイオーワン)とし、デビュー前から話題沸騰のグローバルボーイズグループは、番組開始から3カ月後の12月に始動した。

 そして、20年3月4日、デビューシングル「PROTOSTAR」が発売。表題曲である「無限大」が、ミュージックビデオがYouTubeで公開されると、1日で動画再生回数が100万回を突破するなど大きな反響を呼んだ。

 デビューが近づいてきた2月某日に、メンバーの1人で福岡出身の川尻が在福メディアへプロモーションをかけようと帰福。インターネットTVガイドでは、その活動に一部同行して“凱旋”の模様に密着した。

 川尻と合流したのは、FBS福岡放送。既に他局の情報番組の収録とラジオの生出演を終え、これからさらに夕方の情報番組「めんたいワイド」(月~金曜午後3:48)の生放送の出番を待つ間に、朝の情報番組「バリはやっ!」(月~金曜午前5:20)のコメント録り、ネット記事「ARNE(アーネ)」の取材を控えているという時だった。川尻は、たまってきたであろう疲労をうかがわせることなく、「よろしくお願いします!」と深々と頭を下げ、笑顔に。ワイルド系な見た目と裏腹な爽やかさに、まず驚いた。

 立て続けに取材を受ける川尻だが、質問には一つ一つ丁寧に、時折照れ笑いを見せて受け応えていく。取材後にインタビュアーらが「すごく丁寧で物腰が柔らか」と声をそろえていた。そばで見ていても全くの同意見だ。一方で、この記事用の写真を撮影する際には、FBSのスローガン「やーっ!」と書かれたオブジェを見て、無邪気にはしゃぐ場面も。パフォーマンスの際に見せるクールな表情と、普段のこの笑顔とのギャップに多くのファンが胸をわしづかみにされたのだろうなと納得させられる。

 いよいよ「めんたいワイド」の出番が近づいてきた。川尻の出演時間は数分。しかし、そのわずかな時間で自分たちのデビュー曲についてしっかりコメントをしなければいけない。端から見るとそんなふうには感じさせなかったが、後で聞いたところかなり緊張していたらしい。

 午後5時50分過ぎ…いよいよ出番。司会の松井礼明アナウンサーの紹介を合図に、カメラの前へ進んだ。「ただいま!」と笑顔で手を振り、JO1、そしてデビュー曲についてしっかりコメント! 故郷・福岡での“ソロプロモーション”という大役を、生放送で見事果たした。

 番組出演を終えたばかりの川尻に話を聞いた。

──今日は1日お疲れさまでした。故郷である福岡でのプロモーション1日目を終えての感想は?

「車移動とか建物の中ばっかりで、まだ福岡に帰ったっていう実感があまり湧いてないんです。でもさっき生放送のラジオの時に急な告知にもかかわらず、JAM(ファンの呼称)の皆さんが来てくれて、すごく(地元の)温かさを感じました」

──今日出演された番組はご自身が福岡に住んでいた頃、なじみがあったのではないかと思います。そこに自分が出ているというのは、どんな感じでしたか?

「そうですね。まさか…しかも生放送で出させていただけるとは思っていなくて。すごく緊張しました。控室にテレビが置いてあって、普通に『めんたいワイド』さんが流れてるんです。『これに今から僕は出るのか…』ってすごい変な感じがしちゃって(笑)。でも、すごくいい経験になったと思います」

──福岡にいるご家族やご友人には、今回プロモーションで帰ってくるという報告はされたんですか?

「一応帰ってくることは伝えたんですけど、何に出るとかは秘密にしてます(笑)。ちょっと恥ずかしくて(笑)」

──(笑)。反響が楽しみですね。ではあらためて…なぜ「PRODUCE 101 JAPAN」に応募しようと思ったのか教えていただけますか?

「もともと僕はダンサーとして活動していたんですけど。バックダンサーの仕事するたびに、自分もアーティストになりたいなっていう気持ちが大きくなっていて。ちょうどその頃、僕のダンスのレッスンを受けてくれている子が、この『PRODUCE 101 JAPAN』のことを教えてくれて。僕が歌を習っているのとかを知っていたので、『蓮さん、これ出てください!』って薦めてくれたんです。で、受けることを決めました。その子がいなかったらこの番組にも出合えてなかったかもしれないですね」

──え~! すごい!! デビューが決まって、その子に連絡しましたか?

「しました! 『教えてくれなかったら、僕はここにいないよ。本当に感謝してる』っていうメッセージを送りました。その子も自分のことのように喜んでくれて。本当にありがたい気持ちでいっぱいですね」

──この半年で、川尻さんの環境は大きく変わったと思います。そこに戸惑いなどはありますか?

「そうですね…。変化っていうのはどこにでもついてくるものなので。『PRODUCE 101 JAPAN』に参加したことが、いい変化になっている感じが(当時)すごくあったので、不安というよりはワクワクしていましたね。今も、デビューも間近に控えて期待しかないです!」

──先ほども少し話に出ましたが、デビュー前はダンサーとして活動されていたんですよね。さまざまなステージに立ってこられたとは思いますが、“バックダンサー”と自分がメインの“アーティスト”とでは、何かステージ上で感じるものも違ってきますよね。

「バックダンサーは、すごくやりがいのある仕事でありがたかったんですけど…。どれだけ自分が『うわっ! ここ決まった!』と思っても僕を見ていないお客さんは大半で。ちょっと寂しい気持ちもあったんです(笑)。今はJO1として、ファンミーティングとかいろんな活動をさせていただいていて。僕、ステージに立っている時、すごくお客さんの顔を見るんですよ。なので、お客さんがこっちを見てくれるとすごいうれしいですし、僕が『どうだ!』って見せたところで、お客さんが『キャーッ!』ってなったりすると、踊りながら心の中でガッツポーズ!みたいな(笑)。パフォーマンスが、より一層楽しくなった感じがします」

──今回リリースする「PROTOSTAR」の収録曲は初回盤と通常盤を合わせて6曲あります。個人的に川尻さんオススメの曲はありますか?

「そうですね…どれも本当に好きなんですけど。やっぱり新曲の3曲(『無限大』『Running』『La Pa Pa Pam』)はチェックしてもらいたいなって思います」

──ダンスもJO1の大きな魅力の一つだと思います。ミュージックビデオで「これかっこいいぞ! キマってるぞ!」っていう部分はありますか?

「う~ん。『無限大』のサビの最初に『♪無限大~』っていうメロディーがあるんですけど、そこに合わせて僕らの無限のパワー、力強さを表したガッツポーズのような振り付けですかね。あと歌って踊れるグループなので、ダンスブレーク(曲途中のダンスパート)も入れてもらいまして。そのダンスブレークでの、僕ら11人の迫力のあるダンスを見てほしいです」

──「無限大」のダンスブレークはセンターですよね?

「そうなんですよ! ありがたいことに…。あ! あとは、最後にやる“筋肉キス”っていう部分があるんですけど、そこはすごくクセになると思うので(笑)。チェックしてくれたらうれしいです」

──では、最後に読者の皆さんにメッセージをお願いします。

「3月4日、JO1デビューです。いろんなことがあって、この11人が一つのチームになりました。ちょっとくさい言い方ですけど…JO1としての物語はこれがスタートなので、これからもJO1を期待していただけたらうれしいです。応援よろしくお願いします!」

──ありがとうございました。

【プロフィール】 

JO1(ジェイオーワン)
2019年にサバイバルオーディション番組「PRODUCE 101 JAPAN」(GYAO!・TBS系)の中で、視聴者である“国民プロデューサー”によって101人の中から選ばれた11人(豆原一成、川尻蓮、川西拓実、大平祥生、鶴房汐恩、白岩瑠姫、佐藤景瑚、木全翔也、河野純喜、金城碧海、與那城奨)で結成。グループ名の・JO1には、一緒に夢を目指した練習生たちが一つになって、世界の頂点を目指していくという意味が込められている。20年3月4日にシングル「PROTOSTAR」でデビュー。

川尻蓮(かわしり れん)
1997年3月2日生まれ。福岡県出身。O型。身長173cm。趣味はゲーム、体を動かすこと、マジックとお笑いを見ること。特技はフリースタイルダンス。

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.