News ニュース

江口のりこが“おひとりさま”の世界へ!「ソロ活女子のススメ」で民放ドラマ初主演2021/03/04

 江口のりこが、テレビ東京ほかで4月2日からスタートする、ドラマ25「ソロ活女子のススメ」(金曜深夜0:52)で主演を務めることが分かった。江口は本作が民放ドラマ初主演。「この撮影を通して、やったことのないことや行ったことのない場所へ行けるんじゃないかと、少し楽しみです。“ソロ活”のイメージは好奇心旺盛な人の活動だと思っておりますが、機会があれば私は競艇をやってみたいですね。楽しく撮影して、楽しい作品になればと思ってます。よろしくお願いします」と意気込みを語っている。

 “ソロ活”とは、「ひとり焼き肉」や「ひとりカラオケ」「ひとりキャンプ」など、積極的に1人の時間を楽しむための活動のこと。本作はフリーライター・朝井麻由美氏の人気エッセー本「ソロ活女子のススメ」(大和書房)を原案に、江口演じる主人公・五月女恵が“ソロ活”にまい進しながら、新たな「ひとり◯◯」を体験していく。

 原案の朝井氏は「自分の書いた本がドラマ化されるだなんて、予想だにしていなかった人生の展開です」と喜び、「主演が江口のりこさんというのもめちゃくちゃうれしい! 何年か前にバラエティー番組で、誰にこびることもなく、正直にものを言う江口さんを拝見して、心の中でスタンディングオベーションをしたことがあります。江口さんが淡々と“ソロ活”を楽しむ姿がありありと想像できる、最高のキャスティングです」と絶賛。

 そして、「古い価値観や、今までなんとなく刷り込まれてきた“世間の常識”、自分を苦しめてきた“呪い”から解放してくれるシーンやセリフがてんこ盛りの作りになっています。また、毎話“ソロ活”を通してさまざまな知識が身につくのも面白いポイントです。“ソロ活”“ひとり行動”というと、『寂しくてみじめ』とネガティブな捉え方をされがちですが、“ソロ活”は未婚、既婚、恋人の有無、性別、年齢に関係なく、全人類に開かれた娯楽です。タイトルに『女子』と入っていますが、女性じゃない性別の方にも楽しんでいただけます。1人は楽しい。だからといって、みんなで一緒に何かをするのがダメなわけでもない。ドラマの中には、誰のことを否定するわけでもない、自分の『好き』に正直に生きる主人公の姿があります。主人公の“ソロ活”を通して充実したライフスタイルのヒントを得られる、このドラマがそんな存在になれたら光栄です」とメッセージを寄せている。 

 第1話で恵が向かう“ソロ活”は、「ソロ焼き肉」、そして「ソロリムジン」。めかし込んでパーティーする女子会を1人でやってみるのだ。まだ一度も“ソロ活”をしたことがない人、興味はあるが勇気が出ない人は必見。女性の背中を押す物語が展開する。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.