News ニュース

HiHi Jets・髙橋優斗と福地桃子が「#リモラブ」でバカップルに! 川栄李奈、江口のりこも出演2020/09/09

 波瑠が主演を務める、10月14日スタートの日本テレビ系連続ドラマ「#リモラブ ~普通の恋は邪道~」(水曜午後10:00)に、川栄李奈、福地桃子、江口のりこが出演することが分かった。

 ドラマは、同局の「きょうは会社休みます。」「世界一難しい恋」を手掛けたチームがおくる、恋愛弱者のラブコメディー第3弾。脚本は、同局の「ホタルノヒカリ」、NHK連続テレビ小説「スカーレット」を執筆した水橋文美江氏が担当する。面倒な恋愛より1人がいいと、悠々自適な人生を送ってきたドSで完璧主義な産業医の美々が、こんな時代に「このままでは一生1人かも」と孤独と焦燥を感じ、そこから恋のぬくもりを不器用に追い求める姿を描き出す。波瑠演じる美々のSNSでつながる恋人候補役として、松下洸平、間宮祥太朗、髙橋優斗(HiHi Jets)、渡辺大、及川光博が出演する。

 今回、川栄が演じる我孫子沙織は、鐘木パルプコーポレーション(通称:カネパル)の人事部で働く、社会人2年目の24歳。同じ人事部の青林風一(松下)と付き合っている。横浜出身だが、今は世田谷で1人暮らし。両親は兄夫婦と二世帯住宅で暮らしている。美々とは真逆の愛想が良い明るい女子だ。

 川栄は「台本をいただいて、このご時世ならではのドラマで、早く先の展開が知りたくなるような楽しみなストーリーだと思いました。恋模様も楽しみながら、皆さんのキャラクターの個性があふれているので、そこにも注目してもらえたらなと思います」と見どころを伝え、「私が演じる我孫子沙織は、美々とは反対に、常に笑顔で愛想の良い女の子です。この先どんな展開になるのか、自分自身もわくわくしながら演じさせていただきたいと思います」と意気込みを語っている。

 福地演じる乙牧栞は、父親が経営する居酒屋「おと」の一人娘で店を手伝っている人物。「おと」はカネパル社員の行きつけの店だったが、自粛宣言で経営不振に。落ち込む父を励まし何とか盛り立てようとする孝行娘。実は新人看護師の八木原大輝(髙橋)とバカップルで、彼氏のお弁当作りを日課とする正しい恋愛をしているが、父にはまだそのことを報告できていないというキャラクターだ。

 「今の生活の中だからこそ描けるドラマだということにとても前向きなエネルギーを感じました」と物語の印象を話す福地は「私は、恋愛に一生懸命で家族思いな栞を演じます。登場するシーンでは毎週くせになるような、ほっとするような時間を共演者の皆さんと一緒に作っていけるように、気を引き締めて参加させていただきます。前向きなドラマをお届けできますように。ぜひ楽しみにしていてください!」とアピール。そして「波瑠さん演じる美々の恋の行方を私も視聴者の皆さんと同じ気持ちで楽しみにしています」と期待を寄せている。

 また、江口が演じる富近ゆりは、カネパルの健康管理室で週2回診察をしている非常勤の精神科の医師。大学病院の研究職だったが、それだけでは生活できないとアルバイト的にこの仕事を始めたが、べらぼうに時給がいいので、いまやカネパル勤務の方が本業になっている。お金があって悠々自適の生活をしており、恋愛はウェルカムだがいまさら結婚なんてしない。思うままに生きたいと思っている、人生を達観している役どころだ。

 「出演が決まった時は、監督の中島悟さんとまたご一緒できることがうれしかったです」と、同系の「ドロ刑-警視庁捜査三課-」や「これは経費でおちません!」(NHK総合)で監督を務めた中島氏との再会を喜ぶ江口。「台本を読んだら、まさに今のコロナ禍での生活が描かれていて、ドラマはフィクションだけども、うそのないドラマができるんじゃないかなぁ、と思いました」と感想を伝え、「私がやる役は、精神科医で私生活は男にモテる女ということらしいです。そこんとこは衣装メークはじめ、スタッフの皆さんに助けてもらわないとなぁ…と。見る人が毎週楽しみになるようなドラマができたらいいなぁ、と思います。よろしくお願いします」とメッセージを寄せている。

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.