News ニュース

萩原みのり主演で話題の復讐劇「RISKY」が実写化。Travis Japan・宮近海斗、古川雄輝ら注目キャストが集結2021/02/19

 萩原みのりが、MBSほかで3月25日にスタートするドラマ特区「RISKY」(木曜深夜0:59)で、地上波ドラマ初主演を務めることが分かった。共演には、宮近海斗(Travis Japan/ジャニーズJr.)、山下リオ、深川麻衣、古川雄輝と注目のキャストがそろっている。

 原作は、「めちゃコミック」のオリジナル作品で、累計ダウンロード数は1700万超える、たちばな梓氏による「RISKY~復讐は罪の味~」。幼い頃に両親を失い、姉に育てられたヒロインが、姉の人生を狂わせた“女”に復讐(ふくしゅう)を仕掛けていく、スリリングで急展開な痛快ラブサスペンスだ。脚本を「コウノドリ」(TBS系)や「おじさんはカワイイものがお好き」(日本テレビ系)など、話題作を数多く手掛ける坪田文氏が担当。監督はドラマ「100万円の女たち」「絶メシロード」(ともにテレビ東京ほか)などの原廣利氏が務め、原作の“突き抜けた復讐劇”を、映像美にこだわりながら、サスペンス要素を絡め、中毒性を持った内容へと昇華。また、本作をドラマ化するにあたり、原作にはないドラマオリジナルストーリーを展開。復讐の結末も、原作にはない内容となっている。

 萩原が演じるのは、恐ろしい復讐をたくらむ主人公・広瀬ひなた。映画「花束みたいな恋をした」(2021年)や「佐々木、イン、マイマイン」(20年)と話題作に次々と出演し、本作が地上波ドラマ初主演。両親を事故で失い、親代わりとなって自分を1人で育ててくれた姉・広瀬かなた(深川)のかたきを討つために、ひなたが仕掛ける復讐の数々は深夜にゾッとさせられ、どんどんその先を知りたいと思わせ、癖になること間違いなしだ。そして、好青年だが素性は謎に包まれている浅井光汰役を宮近が務め、徐々に明らかになる光汰の驚きの素顔にも注目だ。

 萩原は「初めてこの作品を読んだ時、自分の想像を毎度上回る展開に魅了され、ページをめくる手が止まりませんでした。そして今、ひなたを自分が演じられることが本当に楽しみで、撮影が始まる日を毎日ドキドキしながら待っています。今回ドラマでは原作とは少し違ったエンディングが待ち受けています。原作を好きな方にも、これからこの作品に出合う方にも楽しんでいただけるよう、ひなたの気持ちをしっかり受け継いで、キャスト、スタッフの皆さまと丁寧に作り上げていけたらと思っています。ぜひ、ぜひ! 楽しみに待っていてください」と呼びかけ、撮影を心待ちにいしてる。

 かなたから婚約者を奪った黒田美香(山下)の勤め先でアルバイトをし、美香の仕事を手伝ったりプライベートな相談にものる好青年・光汰役の宮近は「このお話を聞いた時に原作を読ませていただきました。少し大人なスリリングでドキドキさせられワクワクしてたら、ほろっと涙が出るような、アトラクションのように心が動いて読む手が止まらず、あっという間に読み切ってしまいました」と作品の面白さにハマった様子で、「そんな作品『RISKY』を、映像で自分が光汰を演じて皆さんに届けることを担いました。作品に真摯(しんし)に向き合って、見ている人の心を動かせたらいいなと思っております。ぜひ楽しみにしていてください」と意気込む。

 さらに、山下は「この原作をドラマ化することに驚きつつ、気付いた時には『やります!!』と即答していました。誰よりも貪欲(どんよく)に幸せを求める美香。私にとっても今までにないような、risky(リスキー)な挑戦になりますが、手段を選ばない愛と憎しみのエネルギーのぶつかり合いが今から楽しみです…ふふふ。ぜひご覧ください!」と新たな役柄への期待を寄せ、深川は「原作の漫画も読ませていただき、この人間の愛と憎しみ渦巻く物語が、映像化された時、皆さんの目にどのように映るのだろうかと、今からドキドキしています。始まった復讐からそれぞれがどのような結末を迎えるのか、自由に想像しながら楽しんでいただけたらうれしいです。原作のファンの皆さんにも楽しんでいただけるよう、心を込めて撮影に挑みます」と気合十分。

 そして、かなたの元婚約者で、美香と現在婚約中の将来有望なエリート商社マン・桜井亨を演じる古川は「人気のある原作の映像化作品に出演できること、大変うれしく思います」と喜びを伝えるとともに、「原作ファンの皆さまにも納得していただけるように演じたいと思います。復讐劇ということで難しいシーンも多いですが、キャストの皆さまとお芝居するのを楽しみにしています。今回紳士的なエリート商社マンを演じますが、復讐によって変化していく亨にも注目していただきたいです。『復讐ラブサスペンス』をぜひお楽しみください」とアピールした。

 そして、原監督は「初めて原作を読んだ時、読む手が止まりませんでした。スピーディーな展開、この後どうなる!?と、登場人物にハラハラされっぱなしでいつの間にか最終話までノンストップで読み終えてしまいました。たちばな梓先生の世界観を実写にするというプレッシャーを感じつつ、全力でこのドラマをスタッフ・キャストと共に盛り上げていきたいと思います!」と魅力的な物語の映像化に、意欲満々だ。

 脚本の坪田氏は「最近、ほのぼの系の作品が多かった私ですが、久々に『人の業(ごう)』を描いたスリリングな作品に関われ、セリフを書くのが楽しくて仕方がなかったです。ドラマはオリジナルの展開もありますが、執筆する中でたちばな先生がいつも寄り添ってくださり、その言葉に励まされました。素晴らしい原作とともにドラマ版の『RISKY』もお楽しみください」とメッセージを寄せている。

 また、原作のたちばな氏からは「うごいているひなた達を見るのが楽しみです」とメッセージが添えられた、お祝いイラストも届いている。

 なお、本作はテレビ神奈川(3月25日スタート 木曜午後11:00)、チバテレ(3月25日スタート 金曜午後11:00。初回のみ深夜0:00)、テレ玉(3月31日スタート 水曜深夜0:00)、群馬テレビ(4月1日スタート 木曜午後11:30)、とちテレ(4月1日スタート 木曜深夜1:30)でも放送。TELASA、auスマートパスプレミアム、J:COMオンデマンド、milplusでの見放題独占配信も決定している。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.