News ニュース

菊池風磨主演の「書けないッ!?」スピンオフが配信。「刺さるセリフがいっぱいありました」2021/02/15

 テレビ朝日系連続ドラマ「書けないッ!? ~脚本家 吉丸圭佑の筋書きのない生活~」(土曜午後11:30)のスピンオフドラマ「書けないッ!? スピンオフドラマ~大学生 仙川俊也の筋書きのない人生~」が、TELASA(テラサ)で3月6・13日の本編の非常は放送直後に、2週連続で配信される。

 同ドラマは、細々と執筆を続けながら家事全般を担う脚本家兼主夫・吉丸圭佑(生田斗真)に突然ゴールデン帯の連続ドラマの脚本執筆という大仕事が舞い込んだことで巻き起こる騒動と、彼を見守るベストセラー作家の妻・奈美(吉瀬美智子)ら家族の絆を描くマイホームコメディー。

 Sexy Zoneの菊池風磨が主演を務める今回のスピンオフドラマは、大手外食チェーン店に内々定し、卒業後はサラリーマンとして生きていくことになんの疑問も感じていなかった仙川俊也(菊池)が、吉丸家の長男・空(潤浩)の家庭教師、そして圭佑のアシスタントとして吉丸家に入り浸るなかで、脚本家として悪戦苦闘する圭佑らと接し、自分の人生を見つめ直していく物語。また、思いを寄せながらも空回りし続けている吉丸家の長女・絵里花(山田杏奈)との恋の行方も描かれていく。

 菊池は「1人の若者としてどう生きていけばいいのか、どう自分の人生と向き合っていけばいいのかをすごく考えさせられる内容になっていると思います。スーツを着て就職活動する友達を見て、揺らぐ気持ちを実際に経験した僕自身とも重なるところも大きく、台本の中にも刺さるセリフがいっぱいありました」と、自身の経験も交えながら紹介。

 また、「空くんや絵里香ちゃんをはじめとするほかのキャストとの、心地よい掛け合いも見どころです」としつつ、「中でもスピンオフでは、やついいちろうさん演じるDJ YOOとの絡みが多く、アドリブもたくさん仕掛けてこられたので、刺激をいっぱいもらいました」とコメント。

 さらに、「ストーリーの後半に登場するヘッドスキンスライダーズという謎のバンドマンとのシーンにもぜひ注目していただきたいです」と新キャラクターの登場を予告。「実は、このバンドマン、本編にも登場しているある役者さんが演じられていて、この役者さんの“想像を超える役作り”に撮影現場は、僕を含めてみんな笑いをこらえるのに必死。面白すぎて芝居にならないくらいで、僕は笑わないように下唇をかんで芝居をして乗り切りました(笑)。あれだけ楽しい撮影だったので、抜群に面白いシーンになっているはずです! ぜひお楽しみに」と、その抱腹絶倒の出来栄えに自信をのぞかせた。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.