News ニュース

「恋する母たち」番外編で“3人の息子たち”奥平大兼、宮世琉弥、藤原大祐の出会いが明らかに2020/11/19

 木村佳乃が主演を務める、TBS系連続ドラマ「恋する母たち」(金曜午後10:00)に出演する男性キャラクターに焦点を当てたParaviオリジナルストーリー「恋する男たち」の11月20日配信・第4話では、林優子(吉田羊)の息子・大介(奥平大兼)、蒲原まり(仲里依紗)の息子・繁秋(宮世琉弥)、石渡杏(木村)の息子・研(藤原大祐)の3人を主人公にした物語が展開される。

 「恋する母たち」の原作は、「東京ラブストーリー」などで知られる、漫画家・柴門ふみ氏による同名コミック。多くの恋愛ドラマをヒットさせた大石静氏が脚本を担当し、強くたくましく一生懸命に生き抜く母親たちの姿と、彼女たちが心の隙間を埋めてくれる魅力的な男性と出会うことで、再び女性として恋に落ちてしまう瞬間を描くリアルなラブストーリーだ。シングルマザーの主人公・杏を木村、キャリアウーマンの優子を吉田、セレブ妻・まりを仲が演じる。さらに、3人の心を揺さぶる男性役を、阿部サダヲ、小泉孝太郎、磯村勇斗が担っている。

 そして、番外編となる「恋する男たち」では、本編に登場する“要注意”な男性陣をメインに、本編では描かれなかったバックグラウンドの“やっかいな”恋愛を描く。次世代スターの高校生から、大河ドラマ主演俳優まで、現代を代表するありとあらゆるタイプの“いい男”がそろい、一つとして似たものにならない恋愛模様が描かれる。これを見てから再び本編を見れば、また違った視点で2度楽しむことができる。

 今回、番外編での主人公となる3人は、中高一貫の名門校・麻蔵学園高校の落ちこぼれ3人組。1学期の期末試験の成績が悪く、このままでは1年生の終わりで留年が決定してしまう中で行われた追試は、成績優秀な大介が2人のためにまとめた資料のお陰でなんとかクリア。大介と繁秋は中等部からの友人だが、高等部から入学した研は不登校の大介とまだ会ったことがなく、一度会ってみたいと3人で食事に行くことを提案する。人見知りの大介だが、あることがきっかけで研と一気に親しくなり、3人は楽しい夏を過ごすことに。しかし、実は大介には秘密があった。

 「恋する男たち」第4話は、そんな3人の楽しくも切ないひと夏の思い出が描かれている。中等部から友人である大介と繁秋の関係性や、大介の秘めた思い、また繁秋の友達を思いやる様子や、研のふとした優しさなどを見ることができる。さらに、本編ではまだ解禁されていない繁秋と研の制服姿や、ハンバーガーを食べながら談笑したり、バスケットボールや水鉄砲、花火など3人で楽しく遊ぶようすは必見。本編で見せる息子の顔ではなく、役柄と同年代である彼らならではの等身大の演技も見どころだ。

 引きこもり生活を送る大介を演じる奥平は「『‪恋する母たち』で林大介役をやると決まった時に、初めて地上波のドラマに出演できる喜びの半面、期待に応えられるかという不安もありましたが、撮影を重ねるにつれ楽しさが増していきました!」と心境を明かし、「今回の『恋する男たち』第4話は、本編で描かれなかった大介の恋のお話です。いつもの大介とは違った難しさがあり日々悩んでいましたが、これまで以上に監督とコミュニケーションをとったり、初めて同世代の役者とお芝居ができることがうれしくて、乗り切ることができました。経験のない自分なりに頑張った作品なので、本編では描かれない男たちの物語をぜひ、楽しんで見てください!!」と呼びかける。

 また、両親に反抗を繰り返す繁秋を演じる宮世は「本編では描かれない息子たちの感じていることや関係などが丁寧に描かれているので、実はこういう子なんだなとか、実は…みたいな部分がたくさん発見できると思います。僕が台本を読んだ時は想像していた斜め上が来てビックリしました。笑いあり、切なさありで僕たちと一緒に青春を送っているような気持ちにもなれますし、大人の皆さまと少し違った、今しかできない最高の物語になってますので、ぜひ見てください!!」と見どころをアピール。

 そして、母を常に思いやる優しい研を演じる藤原は「それぞれ違った性格で、異なる家庭内の問題を抱えている3人の、親の前では見せない一面を見ることができるのが、この物語の面白いところだと思います」と番外編のポイントを語り、「また、大介にはある秘密があり、この秘密が3人の夏を一筋縄では終わらせない原因になっていきます。楽しいだけでは終わることのできない、リアルな青春を楽しんでいただけたら幸いです」と期待感をあおっている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.