Feature 特集

「恋する母たち」母役&息子役が集結! 木村佳乃「一緒にハラハラドキドキしながら楽しんでもらえたらと思います!」2020/10/30

 TBS系で放送中の連続ドラマ「恋する母たち」。“恋愛マンガのカリスマ”・柴門ふみさんと、若年性アルツハイマー病に冒されたヒロインと小説家の恋愛を描いた、2018年放送の金曜ドラマ「大恋愛〜僕を忘れる君と」をオリジナル脚本でヒットさせたことが記憶に新しい“恋愛ドラマの名手”・大石静さんの2人がタッグを組んでおくる極上のラブストーリーです。先週(10月23日)第1話の放送を終え、早くも話題となっています。

 放送に先んじて行われた今作の制作発表会見には主演を務める木村佳乃さんをはじめ、吉田羊さん、仲里依紗さん、奥平大兼さん、宮世琉弥さん、藤原大祐さんが登壇。本作への意気込みや撮影でのエピソードを語ってくれました。

 木村さんが演じるのは、ある日突然、夫が失踪し生活が一変、その後、息子をシングルマザーとして育て有名進学高校に入学させた石渡杏。木村さんは自身の役柄について「今までセレブ妻やキャリアウーマンの役は演じたことがありますが、杏のような役は初めてなんです。杏は夫が失踪して1人で頑張ってきた女性なのですが、息子がかわいいから頑張れるんだなと思って演じています。真っすぐではあるけど複雑な感情も抱いていて、それを解きほぐしてくれるのが小泉孝太郎さん演じる斉木さんなんです」と口にし、これからの展開を期待させてくれました。

 吉田さんが演じるのはバリバリなキャリアウーマン・林優子。「仕事はできるのですが、社員証をつけたまま電車に乗ってしまうくらい抜けている部分があって、その抜け方がただの強い女性で終わらない優子の人間味あふれるところだなと思っています。家にいるより仕事をしている方が落ち着くという設定は共感できますね」と役柄との共通点を語ってくれました。

 仲さんは「私が演じる蒲原まりはセレブ妻で、いわゆる“港区女子”。18歳の息子がいるという設定は初挑戦なんです。子どもが3人もいる役柄なので、ちゃんと母性を持って向き合えるかどうか考えながら撮影しています。母親3人の中では一番派手で一見軽そうなんですけど、最もガードが硬いと思います。ずっと子育てに没頭してきた女性なので、いろいろ経験していないこともあるのかなと」と、役柄の魅力を説明。

 そして、木村さんたちと共に登壇したのは、それぞれの息子役を演じる次世代注目俳優の3人。杏の息子を演じるのは、「おじさんはカワイイものがお好き。」(日本テレビ系)にも出演し話題を集めた藤原さん。「僕が演じる研はとてもいい子ちゃんで、11年間母と暮らしてきたので母子の仲はとてもいいです! 母が喜ぶことをしてあげたい、そして嫌なことはしないというのが一つ一つの行動にあるのではないかなと思っています。今回こういう舞台に立って、たくさんフラッシュを浴びるのも初めてなので緊張しています…」と初々しくもしっかりとしたコメント。

 優子の息子・大介を演じるのは、映画「MOTHER マザー」でスクリーンデビューを果たした奥平さん。「ドラマ撮影自体が初めてで、今作でいろいろな経験をさせていただいています。大介は反抗期でお母さんとは仲良くできないけど、お父さんとは仲良いという設定。そして、実はある秘密を抱えています。今後の物語に関わってくる部分でもあるので、ぜひ注目していてほしいです」と見どころを語ってくれました。

 以前、ボーカルダンスユニット・M!LKのメンバーとしても活躍していた宮世さんは、「仲里依紗さんとセレブな生活を送っている繁秋を演じています。反抗的なシーンが多くて、一見“何だこいつ”って思われると思うんですけど、実はお母さんのことを思っていたり妹にも優しい一面があって、繁秋のいいところを見つけるのも楽しいと思います。大人っぽいドラマでちょっとドロドロしてるけど、息子たちを見てキュンとする部分もあると思います! どうしよう、めっちゃ緊張する…!」と緊張しながらもしっかりと作品の魅力を伝えてくれました。

 “息子たち”それぞれのあいさつが終わると、「すごい! 私の最初のこういう舞台は酷かったですよ(笑)」と木村さんが絶賛。その後も、慣れないながら一生懸命会見に臨む3人を見て「かわいすぎる!」「わが息子ながらよくできた子だなと感動しています(笑)」など、終始母親目線で見守っていた木村さん、吉田さん、仲さんでした。
 
 最後には皆さんでキュンポーズをするなど、終始和気あいあいとした会見に。木村さんは「今日は楽しいひとときをありがとうございました。ぜひ一緒にハラハラドキドキしながら楽しんでもらえたらと思います!」とコメント。第1話から女心くすぐるドキドキの展開が満載だったので今夜(10月30日)の放送が待ちきれませんね。

【あらすじ】

 ある日、杏(木村佳乃)は11年ぶりに斉木(小泉孝太郎)と再会。斉木は8年前に妻と正式に離婚し、今は週刊誌の編集部で働いていました。杏は斉木から、与論島で夫の慎吾(渋川清彦)らしき人物に会ったと聞かされ驚きます。慎吾は観光ガイドをして働いており、駆け落ち相手である斉木の妻・由香(瀧内公美)とはすでに別れていました。さらに、驚くべき事実を聞かされ杏は茫然とします。

 その頃、優子(吉田羊)は部下の赤坂(磯村勇斗)と停電中のエレベーターに閉じ込められていました。動揺する優子に、赤坂は普段の冷静な上司とは違う一面を見て、これまでにない感情を抱くことに。一方、今昔亭丸太郎(阿部サダヲ)とのドライブから帰宅したまり(仲里依紗)は、丸太郎の突然のキスを思い出すように。そんなまりの心を読んだかのように、丸太郎から連絡が入り・・・。

【番組情報】

「恋する母たち」
TBS系 
金曜午後10:00〜10:54

TBS担当 A・M



この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.