News ニュース

世界で大ヒット! インディーゲームクリエーターの将来性にマツコも期待大!!2020/10/10

 10月10日に日本テレビ系で放送される「マツコ会議」(土曜午後11:00)では、インディーゲームクリエーターの3人と中継を結ぶ。

 同番組は、話題となっているディープな場所と中継を結び、会議を開催。総合演出のマツコ・デラックスがその知られざる内容を深堀りするバラエティー。“インディーゲーム”とは、個人や少数規模の開発者によって作られたゲームのことで、大手のゲーム会社には生み出せないような、自由で独創的なものが多い。マツコは、個人で大ヒットゲームを作り上げた彼らに切り込んでいく。

 まず、総ダウンロード数800万超えのヒット作「どうぶつタワーバトル」生みの親の男性が登場。同作はSNSやYouTubeで話題を呼び、10代を中心に拡散された結果、1カ月ほどでランキング1位に輝いたという。それを耳にしたマツコは、「1人でやっているんでしょう…夢あるわね」と興味ありげな様子。大ヒット作による収入や仕組みなどにも迫ったマツコは、「相当もうかってるってことよね…」と目を見張る。また、同ゲームで対戦したマツコは、開発者の男性に「あ~…」とつぶやかせる技を披露。果たして、2人の勝負の行方は!?

 2人目は、この1年間で150万回ダウンロードされた「飛べゴリラ」を開発した大学生。アプリストアで「クソゲー」と検索すると一番上に表示され、アメリカのSNSで話題になったことをきっかけに広まったという。プレーしたマツコも、「最後のはかなさがいい」と高評価。さらに、「ネコ動画以外に癒やしを発見したかも」と絶賛し、「クソゲー探しの旅に出るわ」と付け加えた。

 最後に登場したのは、高校生のゲームクリエーターのNo.1を決する大会で準優勝した女子高生。「将来恐ろしいわよ」とマツコも大きな期待を寄せる彼女が、どんなゲームを作成したのか探っていく。また、彼女の将来の展望について聞いたマツコは、「若いっていいね。ちゃんと夢や希望を持っているってすてき」と安心した様子。そして、「若い子が希望さえ失わなければ絶対に大丈夫だから、見捨てないでね」と日本の将来への希望を託した。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.