News ニュース

松本まりかが「先生を消す方程式。」に出演。「登場から『え!?』って思うような“仕掛け”」2020/10/06

 10月31日にテレビ朝日系でスタートする、田中圭主演の連続ドラマ「先生を消す方程式。」(土曜午後11:00)。本作の主人公である教師の義澤経男(田中)の恋人で、同じく高校教師の前野静を松本まりかが演じることが分かった。

 義澤が赴任する3年D組は、親の権力を笠に着てクラスを牛耳る生徒たちが、ほかの生徒たちに命じて教師を追い詰め、壊れていく姿をゲームに興じるかのごとく楽しんできたクラス。そんな戦慄(せんりつ)の教室で、義澤は強烈な笑顔を浮かべながら生徒を“指導”していくが、静といるときは全くの別人のよう。心の底から無邪気に笑い、恋人同士の穏やかで優しい会話を楽しむ。

 松本が鈴木おさむ氏脚本の連ドラに出演するのは「奪い愛、夏」(ABEMA)に続いて2作目。本作の脚本に「普通ならクライマックスまで引っ張ってもおかしくない展開を、ドラマが始まってすぐ出してしまうのは衝撃。鈴木おさむさんの中にはまだまだたくさんの “手札”があるんだと思います」と感心した様子。

 また、自身の役どころについては「登場するところから視聴者の皆さんが『え!?』って思うような“仕掛け”があって、『そう来たか!』と驚いていただけると思います。私には“動”のイメージがあるかもしれませんが、静は名前通り、静かな部分もあります。どんなところが静かなのか放送まで楽しみにしていただきたいです。それとデートのシーンも面白いはずです。思いっきり、“甘々”なやりとりをしますので…(笑)」と明かす。

 さらに「『土曜ナイトドラマ』枠はこれで2作連続の出演になります。『妖怪シェアハウス』では自分なりに考えていた、“松本まりかが演じる役”を超えるキャラクターを演じさせていただき、すごく面白かったし、楽しかったです。静も、女優としてある意味初めての設定に挑戦させていただいています。作品自体、驚きの連続で何が起こるか分かりませんし、静の身にもどんな出来事が待ち受けているのか予想がつきません。とはいえ、『見て損はありません!』ということだけはお伝えします」と視聴者にメッセージを寄せている。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.