News ニュース

山田裕貴が「先生を消す方程式。」に参戦! 田中圭を支える副担任に2020/09/18

 10月31日からスタートする、田中圭主演のテレビ朝日系連続ドラマ「先生を消す方程式。」(土曜午後11:00)に、山田裕貴が出演することが決定した。山田は、教師・義澤経男(山田)が受け持つ3年D組の副担任・頼田朝日を演じる。

 ドラマは、都内の進学校を舞台に、担任が次々とメンタルを病み辞めていく3年D組の担任に、義澤が就いたことから始まる壮絶バトルを描く。3年D組は、成績優秀者が集められているものの、担任になった教師がみんな、短期間でメンタルを蝕まれ退職していくという問題を抱えたクラス。その影では反抗的な生徒たちが中心となり、担任を追い詰め壊れていく様子をゲームのように楽しんでいた。これまで幾度となく教師が去っていくのを見てきた朝日は、義澤も同じ道をたどるのではないかと心配し、義澤に寄り添う心強い存在となる。

 本作の脚本を手にした山田は、「鈴木おさむさんの書かれる脚本って“仕掛け”がすごいですよね。ドラマの常識にとらわれないものすごいものが飛び出してくるイメージがあります。ドラマの概念をぶっ壊すような面白いことができるんじゃないかという気がしています。これまでにない演技のアプローチをしたいです」と興奮気味に語る。

 さらに、「先生を消す方程式。」というタイトルには「『僕が演じる副担任が消されるんですか?』という疑問が真っ先に頭に浮かびました。もしそうなら、なるべく長く生き残れるように頑張りたいと思いました(笑)」と、先の見えない展開への不安を口にした。

 役柄については「『本当に人のいい先生だな』と思ってもらえる演技がしたいです。台本を読んで、『柔和な雰囲気なのかな』という印象を受けたので、セリフをゆっくりしゃべったり、言葉の端々に温かみを感じさせたり、これまでにない演技のアプローチをしたいと思っています」とプランを明かす。

 また、田中とは常に意見を交わし演技プランを練っていると述べ、「朝日が副担任として義澤先生をバックアップするように、僕もいろんな面で圭さんを支えていきたいですし、絶対、面白い作品にしたいです。圭さんのドラマに対する熱意と同じくらい熱い気持ちを僕も持っているので、何としても“バズる”ドラマにします」と力強く宣言。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.