News ニュース

福山雅治書き下ろしのラブソング「心音」が「#リモラブ」の主題歌に決定!2020/09/30

 福山雅治書き下ろしの新曲「心音(しんおん)」が、波瑠が主演する10月14日スタートの日本テレビ系連続ドラマ「#リモラブ ~普通の恋は邪道~」(水曜午後10:00)の主題歌に決定した。

 ドラマは、同局の「きょうは会社休みます。」「世界一難しい恋」を手掛けたチームがおくる、恋愛弱者のラブコメディー第3弾。脚本は、同局の「ホタルノヒカリ」、NHK連続テレビ小説「スカーレット」を執筆した水橋文美江氏が担当する。面倒な恋愛より1人がいいと、悠々自適な人生を送ってきたドSで完璧主義な産業医の美々が、こんな時代に「このままでは一生1人かも」と孤独と焦燥を感じ、そこから恋のぬくもりを不器用に追い求める姿を描き出す。波瑠演じる大桜美々のSNSでつながる恋人候補役として、松下洸平、間宮祥太朗、髙橋優斗(HiHi Jets)、渡辺大、及川光博が登場。さらに、川栄李奈、福地桃子、江口のりこらも出演する。

 今年でデビュー30周年を迎えた福山。このドラマのために書き下ろされた新曲「心音(しんおん)」は、ドラマの企画段階で制作が福山にオファーし、作品の世界観を伝え制作がスタート。“恋をさぼってきた”主⼈公・美々の気持ちに寄り添うラブソングになっている。ドラマの印象的なシーンで奏でられる主題歌も注目だ。

 福山は「本ドラマ主題歌のオファーをいただけたこと、大変光栄に感じております。楽曲を書き下ろすにあたり台本を読ませていただきました。主人公である大桜美々の恋愛観、仕事観、そして現代社会での生き辛さ。美々にとって、そして本作の登場人物にとって、生きていく上で『恋愛』の必要性とは? というテーマで制作させていただきました」とコンセプトを明かす。

 そして、「楽曲タイトルは『心音(しんおん)』です。心臓が脈打つ音の表現にはいくつかの言葉があります。あくまでも個人の解釈ですが、『鼓動』という言葉は生命力みなぎる力強いイメージ。かたや『心音』という言葉には、『生まれたての命の音』とでも言いますか、か弱く繊細な、だけど確かな命が宿っている、というイメージ。ちょっと不器用だから恋する気持ちに素直になれなかったり、真っすぐに人に向き合うことに少し疲れてしまった。でも、一度生まれた『恋心』は、まるで心臓が脈打つかのように止められない。でも、戸惑いもある…。そんな大桜美々をイメージしています。この楽曲が本ドラマに寄り添い、そして少しでもドラマの盛り上がりのお手伝いができれば幸いです」とメッセージを寄せている。

 また、ドラマのメインビジュアルが解禁。ソーシャルディスタンスの世界で、ソーシャルネットワークから始まるラブストーリーらしく、久方ぶりに恋をした美々が、ベッドの上でスマホを見ながら顔も名前も分からない誰かからの返信を待っている…というシーンになっている。添えられた「#(ハッシュタグ)」で書かれたキャッチコピーには、「#西暦2020年」「#世界は変わってしまった」「#デートもダメ」「#ハグだってムリ」「#キスなんか絶対濃密だし」…と、新しい日常の中での恋愛のモヤモヤ「#ワード」が続くが、最後まで読むと、“こんな時代の超リアルタイムなラブストーリー”が始まることを予感させる仕上がりとなっている。

 さらに、番組ホームページでは、もう一つのメインビジュアルを公開! 番組公式HP(https://www.ntv.co.jp/remolove/)で9月30日より解禁され、HPも一新、相関図も新たに掲載されている。

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.