News ニュース

乃木坂46・伊藤理々杏が“どんぶり委員長”伊原六花をライバル視!? アイドル高校生役で出演2020/09/30

 伊原六花主演で10月24日にスタートするBSテレ東の真夜中ドラマ「どんぶり委員長」(土曜深夜0:00)に前田航基、乃木坂46・伊藤理々杏、ドランクドラゴン・鈴木拓、宮崎美子が出演する。

 同作は市川ヒロシ氏の同名コミックを原作に、クラスメートから真面目で高飛車と思われている委員長(伊原六花)が、クラスの問題児・吉田(小西詠斗)が作った親子丼を食べたことから「どんぶり飯」に魅了されるグルメドラマ。

 委員長と吉田のクラスメートで吉田の友人・太田を前田、突然転校してきて委員長にライバル心を燃やすアイドル高校生・山笠静香を伊藤、委員長らのクラスの担任・茨泰之を鈴木、ドラマオリジナルのキャラクターで、父子家庭で育った吉田の“育ての母”である大衆料理「ハッピー」の店主を宮崎が演じる。

 伊藤は「山笠さんは自由で周りを巻き込んでいく良いアクセントになるキャラクターなので、チャーミングに演じられればと思います。原作を読みながら私自身、グーグーとおなかを空かせながらも心はあたたかさで満たされていたので、ドラマでも皆さんにそういった気持ちになっていただけるよう精いっぱい張ります」と意気込む。

 鈴木は「日本初のワンセンテンス俳優としてやってきた僕に結構セリフを頂いてありがたいと思っております。そもそも俳優業として頑張っているのは相方・塚地(武雅)であり、この僕にお芝居のオファーをしてくださる方は神様」と感激している。

 さらに主題歌は、今勢いに乗るアイドルB.O.L .Tの新曲「Don’t Blink」に決まった。テレビ東京系人気アニメシリーズ「NARUTO-ナルト-疾風伝」のED曲も担当した、ロックバンドTOTALFATがこのドラマのために書き下ろした楽曲で、ドラマの世界観を表現したポップな主題歌となっている。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.