News ニュース

妻夫木聡が謎の美女に翻弄される! 東野圭吾原作「危険なビーナス」で16年ぶりにTBS連ドラで主演2020/08/20

 妻夫木聡が、TBS系で10月にスタートする連続ドラマ「危険なビーナス」(日曜午後9:00、開始日未定)で、2004年の「オレンジデイズ」以来、16年ぶりに同局の連続ドラマで主演を務めることが分かった。妻夫木は「TBSのドラマに出演させていただくのが16年ぶりということに、僕自身も驚いています(笑)。出演させていただくからには、16年前の自分に負けないように、今年40歳となる自分自身ができることを、このドラマで体現していきたいと思います」と抱負を語っている。

 ドラマの原作は、多くのベストセラーを生み出している東野圭吾氏による同名小説。ある失踪事件をきっかけに、主人公が巨額の遺産をめぐる謎に挑む壮大なミステリー作品だ。東野氏の小説が「日曜劇場」枠でドラマ化されるのは、10年の「新参者」以来10年ぶりのこと。また、同局の「グランメゾン東京」や映画「キングダム」など手掛けた黒岩勉氏が脚本を手掛ける。

 今回、妻夫木が演じるのは、主人公・手島伯朗。正義感が強くうそのつけない独身獣医で、ある日突然「弟の妻」と名乗る謎の美女が現れ、弟が失踪したと聞かされる。困っている女性を放っておけない伯朗は、その美女と共に失踪した弟の行方を追うことに。そして、30億円もの遺産が絡んだある名家の争いに巻き込まれていくという役どころだ。

 伯朗にとって、その名家・矢神家とは、実父の死後に母親が嫁いだ先であり、失踪した弟は異父弟。連れ子として肩身の狭い思いをしてきた伯朗は、母亡き後は矢神一族と距離を置いていたが、弟の失踪により矢神家に再び足を踏み入れることに。弟の行方を追う中で、謎の美女の危険な魅力に翻弄(ほんろう)されていく伯朗を、妻夫木がどのように体現するのか期待が高まる。

 妻夫木は「東野圭吾さんの小説は昔からずっと読ませていただいていたので、今回主人公を演じさせていただけることになり、とても光栄です。突然現れた謎の美女を『信じていいのか?』と悩みながらも、その魅力に翻弄されていく主人公・伯朗の葛藤を、ドラマの中で表現していければと思っています」と意気込みを語り、「本作は東野さんの原作が持つ魅力はそのままに、毎週続きが気になる連続ドラマとして、とても面白く描かれていきます。僕が子どもの頃、ドラマを見るために急いで家に帰っていたワクワク感をこの作品で皆さんにも味わっていただけたらうれしいです。日本中が大変な時ですが、『このドラマがあるから、家にいるのも悪くない!』と思っていただけるような、少しでも皆さまの助けになる作品をお届けできればと思っています。ぜひ、お楽しみに」とメッセージを寄せている。

 東野氏は「自分でいうのも変ですが、『危険なビーナス』には面白いピースがたくさん詰まっています。それらを玩具にして、もっといろいろと遊びたかったのですが、小説ではミステリー要素を重視したため泣く泣く我慢をしました。その分ドラマの制作陣、役者さんたちには、思い切り好きなように遊んでもらいたいです。期待しています」と、ドラマ化を楽しみにしている様子。

 「原作・東野圭吾×脚本・黒岩勉×主演・妻夫木聡というものすごいタッグが誕生します!」とアピールする橋本芙美プロデューサーは、「東野先生の原作を読んだ時に、人物描写に引き込まれ、次々と明らかになる事実に驚かされ、気付いたらどんどんページをめくっていました。そしてラストは度肝を抜かれました。この小説が、黒岩さんの筆によってドラマの脚本になった時、面白すぎてとってもワクワクしました」とストーリー展開に自信を見せる。

 さらに「主人公・伯朗は、その育った環境から、母や弟、親戚たちに対して複雑な思いを抱えています。どちらかというと恋愛にも奥手です。過去とは距離を置き、獣医として充実した日々を過ごしていましたが、突然謎の美女=『弟の妻』が現れたことで生活が一変し、遺産相続争いと壮大な謎解きに巻き込まれていきます。時には過去のつらい思い出と対峙(たいじ)したり、好きになってはいけない『弟の妻』にひかれる自分にジレンマを感じたり…。一見頼りなさそうな伯朗ですが、誰よりも真っすぐな心が、どんな状況も変えていく力を持っています。非常に難しい役どころであり、新しいヒーローでもある伯朗を、妻夫木さんがどう演じられるのか? 私自身、今から楽しみで仕方がありません。監督陣も、とっても気合が入ってます!」と妻夫木の演技に期待を寄せている。

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.