News ニュース

高梨臨と伊藤健太郎が「未解決の女」に登場。“先生と生徒のちょっと切ない青春ストーリー”に注目!2020/08/20

 テレビ朝日系連続ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官」(木曜午後9:00)の8月20日放送・第3話に、高梨臨と伊藤健太郎がゲスト出演する。

 同ドラマは、警視庁捜査一課「特命捜査対策室」第6係(文書解読係)に所属する肉体派熱血刑事・矢代朋(波瑠)と、文字フェチの頭脳派刑事・鳴海理沙(鈴木京香)がバディを組み、“文字”を糸口に未解決事件を捜査するミステリー。

 第3話では、朋と理沙が高校バスケットボール部の名物コーチが殺害された3年前の未解決事件と、新たに起こった議員秘書の殺人事件の関連性を疑い、捜査を開始することとなる。同校の国語教師・藤沢さおり(高梨)と、その教え子で強豪バスケットボール部のキャプテンだった唐木田玲一(伊藤)の謎の関係が、事件解決の鍵となる。

 自身の役柄について高梨は「脚本を読んで、藤沢さおりという女性を演じるのが楽しみになりました。何より波瑠さんと伊藤健太郎さんと初めて共演させていただけるのが楽しみでした。共演するまでは、波瑠さんに対してクールなイメージを持っていましたが、実際はフラットで堂々とされている感じもある方! 一緒のシーンは多くはなかったのですが、とても楽しくお芝居させていただきました」と振り返った。そして今回の見どころを「事件の中に隠されている“先生と生徒のちょっと切ない青春ストーリー”を楽しんで見ていただけたら、うれしいです」と語っている。

 また、伊藤は自身も中学1年から高校2年までバスケ部に所属していたと明かしつつ、「今回は久しぶりに本気でバスケをしました。楽しかったです。ただ、なかなかシュートが決まらず、悔しかったです(笑)」と苦笑い。そして、「玲一は教育実習生ということで、僕自身初めて教壇に立つシーンもあるので、楽しみにしていてください」とアピールしている。

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.