News ニュース

橋本良亮が思わず「討ち入りしてください」。横山裕が大泣き&バレバレのうそを暴露!2019/12/09

 現在大ヒット上映中の映画「決算!忠臣蔵」。10月27日に行われた本作のワールドプレミアをプレイバックする!

 TOHOシネマズ六本木ヒルズ前に設置されたレッドカーペットに姿を現した出演者たちは、その後、ワールドプレミアの舞台あいさつへ。舞台あいさつに登壇したのは堤真一、岡村隆史、濱田岳、横山裕、妻夫木聡、石原さとみ、荒川良々、西村まさ彦、木村祐一、橋本良亮、寺脇康文、鈴木福、小松利昌、沖田裕樹、監督の中村義洋氏と超豪華な顔ぶれ。この場に立った気持ちを聞かれた堤は「脚本を読んだ時点で“決まった”という感じだったので、絶対に楽しめると思います」と観客にあいさつ。一方、岡村も「絶対に面白いですので、劇場に2回3回、足を運んでいただけたらなと思っています」と続けた。

 そして本作のテーマである“誰もが知る「忠臣蔵」の誰も知らない裏話”にかけ、出演者が“誰もが知る「豪華キャスト」の誰も知らない裏話”を披露。最初に口を開いた堤は「全員で最終日を迎えて、みんなで飲みに行ったんです。僕、映画の後に舞台が控えていて、それが橋本くんと共演する舞台だったんですが、酔っぱらってきて橋本くんに『お前、大丈夫か? 難しい役だぞ』って言ったら、『堤さ~ん、頑張ります』ってずっと泣いていました」と大暴露。これに対し橋本が、「堤さんと一緒に出させてもらうっていう緊張がありました。そして堤さんの顔を見たら、“ぶわー”って泣いちゃって。ちょっとお酒も入っていたので」と語ると、横山が「僕はただただ、橋本が泣いているのを『すみません!』と謝っていました。『いいヤツなんで!』とは言いましたけど」とさらなるエピソードを明かした。

 また、橋本が「撮影中に横山くんのシーンを見学させてもらったんですよ。で、あの横山くん…ライブ、テレビでいつもふざけ倒している横山くんが、(撮影中は)目がガラッと変わってめちゃくちゃカッコ良かったんです。“そんな顔もあるんだぁ”と思いました」と言うと、横山は「いやいや」と照れた様子で「何の話、それ! いや、ありがたいっすけど」とツッコミを。それに対し、橋本はさらに「すごいカッコイイ顔が見れた」と語った。

 このエピソードに関連して、MCから「撮影ではやはり気合が入ったか」と聞かれた横山は「そうですね。これだけすごい皆さんと一緒に仕事させていただくということで気合は入りました」と答えた後、「でも、橋本は遅刻してるんですよね? 何回か」と暴露。それに対し橋本が「遅刻は…、1回しました」と告白する一幕も。ここで木村が橋本が遅刻した時の状況を説明。「みんなで支度部屋でカツラを付けたりしていたんですよ。それで、橋本くんが名古屋から京都まで新幹線で行く時に乗り過ごして、新神戸で降りればいいのに岡山まで行ったらしい、と。で、戻ってきて何を間違ったか、新大阪で降りてタクシーで向かっていると。『なんで京都ちゃうねん』って結髪さんが言ってて。途中でスタッフが『名神高速が混んでいるからもうちょっと遅れます』って言うねんけど、支度場でラジオが流れていて、交通情報で『今のところ高速は順調です』って。バレバレや(笑)」と暴露され、思わず「討ち入りしてください」と言う橋本。終始、笑顔に包まれたワールドプレミアはアットホームな雰囲気で幕を閉じた。

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.