News ニュース

千葉雄大、究極のソーシャルディスタンスドラマ「40万キロかなたの恋」で主演。宇宙飛行士×元カノ×AIの三角関係が勃発!?2020/07/09

 テレビ東京系では7月24日から、ドラマ24特別編「40万キロかなたの恋」(金曜深夜0:12分。全4話)を放送する。本作は、地球と約40万km離れた月周辺で、宇宙船にたった1人で長期滞在している孤独な宇宙飛行士の物語。主人公の宇宙飛行士・高村宗一を千葉雄大が演じる。

 コロナ禍により放送ラインナップが影響を受け、4話限りのドラマ24特別編として急遽制作・放送されることになったという同ドラマ。濱谷晃一プロデューサーは「『外出自粛期間の直接会えない“孤独な非日常”は、“宇宙で孤独に過ごす宇宙飛行士”みたいだな』と思ったのが企画のきっかけです。テレ東らしいワンアイデアのドラマをバーチャルスタジオのリアルタイム合成で撮影するチャレンジ。発案から放送まで非常に短い期間ですが、素晴らしいキャストの方々が集結してくれました! 気鋭の劇作家・玉田真也&気鋭のクリエーターチーム・ソケットのタッグでお送りする究極のソーシャルディスタンスドラマ、ぜひご覧ください」と自信を見せている。

 宗一は、人類が宇宙で快適に生活するためのサンプルデータを取るために、1年間も宇宙に滞在している。極度な人間嫌いの彼は、わずらわしい人間関係を逃れ、AI(人工知能)のユリ(声・吉岡里帆)と共に宇宙で1人で暮らす生活に満足していた。そんなある日、元恋人の鮎原咲子(門脇麦)から衛星回線で取材を受けることになる。画面上で久々の再会を果たし、ついついけんかになってしまうが、宗一は懐かしい気持ちを思い出す。一方、ユリは宗一に抱いていた感情が人間の恋に近いのではと気付き、自分の存在意義に疑問を感じ始める。そんな3者の三角関係の行方とは? そして、人間嫌いの宇宙飛行士が出す答えとは!?

 「宇宙と地球という離れた場所でのお話なのですが、このおうち時間が増え、思うように人と会えない現状とも相通じるものを感じました」と語る千葉は、「今回はグリーンバックで、リアルタイム合成による撮影なので、普段のドラマ撮影とは違い、孤独で切ない瞬間もありますが、宗一はもっと気丈な人物だと思うので、まだまだ僕は未熟だなと、気を引き締める日々です」と撮影を振り返り、昨今のコロナ禍による人との触れ合いの断絶と、共通点があることを感じた様子。

 さらに、「門脇さん演じる咲子とは宇宙と地球という離れた設定なので、ほぼ全くお会いできずに寂しいのですが、一度やったリハーサルでの門脇さんの残り香を頼りに、お芝居しているので大変助かっています。吉岡さん演じるユリはAIなので、これまた現場でお会いする機会がないのですが、共演させていただく機会が割とあったので、宗一とユリのようにツーカーであーる関係だと信じております(笑)。総じて、お二人ともアイミスユーです。人と関わることは時にわずらわしく、時に心温まるものでもあったりと、いろんな側面を持っていると思うのですが、皆さまなりの人との関わりをあらためて考えるきっかけとなれば幸いです」と、この時代にふさわしいドラマであることを強調した。

 テレビ局のディレクターで、宗一の大学時代の元恋人である咲子を演じる門脇は、「『人と距離をとって生活しなければならない。』その距離がどれだけ寂しいものか、人々が痛感した今だからこそ生まれたドラマなのではないかと思います。会いたい時に会いたい人と会う。伝えたい言葉は伝えられる時にちゃんと伝える。今回の経験であらためて知った大切な気持ちを、この作品にしっかりと込められたらなと思います。すてきな作品になりそうで、ワクワクしながら撮影している日々です」とコメント。

 そして、AIというこれまでにない役どころにワクワクしたと言う、AI・ユリ役の吉岡。「AIと宇宙飛行士、宇宙飛行士と地球の元恋人との会話の応酬が、物理的には遠いのに精神的には近いように感じて、そのアンバランスさが面白いなと思いました。ユリが任務遂行のために宗一とタッグを組むシーンがお気に入りです。生身の人間と人工知能がお互いを認め合って信頼し合っている姿がとてもいとおしく感じました」と思いを語った。

 そのほか、高村が所属する宇宙機構・JAXISのスタッフ役で、矢本悠馬、山田真歩、小松利昌と個性あふれる俳優陣の出演も決定した。

この記事をシェアする




Copyright © Internet TV Guide. All rights reserved.