News ニュース

「警視庁アウトサイダー」に柳葉敏郎、石田ひかり、優香、野波麻帆、長濱ねるが出演2022/12/02

 テレビ朝日系で2023年1月にスタートする連続ドラマ「警視庁アウトサイダー」(木曜午後9:00、開始日未定)の追加キャストが発表。柳葉敏郎、石田ひかり、優香、野波麻帆、長濱ねるが出演することが分かった。

 「警視庁アウトサイダー」の原作は、「メゾン・ド・ポリス」「インディゴの夜」などで知られる加藤実秋氏の同名小説。警察組織の中で異質な存在=“アウトサイダー”である刑事トリオが、さまざまな難事件に挑んでいく。そんな桜町中央署の刑事・架川英児を西島秀俊が演じ、蓮見光輔に濱田岳、水木直央に上白石萌歌が扮(ふん)する。脚本は、映画「東京リベンジャーズ」など話題作を多数手掛けてきた髙橋泉氏。演出は「民王」(同系)、「99.9-刑事専門弁護士-」シリーズなどを世に送り出したヒットメーカー・木村ひさし氏が担当する。

 柳葉が演じるのは、英児の元上司で警視庁組織犯罪対策部警部・藤原要。藤原は普段は温厚なものの、すごみにあふれており、暴力団員からも恐れられる存在だ。また、あるトラブルに巻き込まれ、辞職に追い込まれそうになった英児を所轄の刑事課への左遷でおさめてくれた、恩人でもある。

 石田は、直央の母・水木真由役。真由は小さなことは気にしない真っすぐな性格で、直央とは似たもの母娘だ。気は強いものの頑張りすぎないという、ちょっと脱力系の母を軽やかに演じていく。

 また、優香が扮するのは、桜町中央署鑑識係・仁科素子。素子はその腕は確かなものの、他人と必要以上の関わりを断つ陰キャ気質だ。素子も光輔同様、英児に弱みを握られているのか、いつも面倒事を持ち込まれてしまう。

 野波は、桜町中央署警務課の事務職員・倉間彩子役。彩子は刑事課の激務に疲弊する直央の止まり木的な存在でありながら、気になる英児の前ではあっさりと直央たちを裏切り“いい子”になるという、憎めないオトナ女子だ。

 そして、長濱は、桜町中央署警務課員・米光麻紀役。署内一のうさわ好きといわれる麻紀は、裏表のない性格の直央といつしか意気投合する存在になる。上白石と長濱はプライベートでも親友だということで、2人の息の合ったガールズトークに期待が高まる。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.