News ニュース

西島秀俊×濱田岳×上白石萌歌の“アウトサイダー”トリオが巨悪に立ち向かう超異色刑事ドラマが誕生2022/11/09

 西島秀俊が、テレビ朝日系で2023年1月にスタートする連続ドラマ「警視庁アウトサイダー」(木曜午後9:00、開始日未定)で主演を務め、濱田岳と上白石萌歌が共演することが分かった。

 「警視庁アウトサイダー」の原作は、「メゾン・ド・ポリス」「インディゴの夜」などで知られる人気ミステリー作家・加藤実秋氏の同名小説。警察組織の中で異質な存在=“アウトサイダー”である刑事トリオが、さまざまな難事件に挑んでいく。脚本は、映画「東京リベンジャーズ」など話題作を多数手掛けてきた髙橋泉氏。演出は「民王」(同系)、「99.9-刑事専門弁護士-」シリーズなどを世に送り出したヒットメーカー・木村ひさし氏が担当する。

 西島が演じる主人公・架川英児はかつて、暴力団に関する事案と取り扱う警視庁組織犯罪対策部=マル暴に所属していた刑事。暴力団と対峙(たいじ)するために自身の見た目は極道そのもの。しかし、英児はある日、トラブルに巻き込まれて所轄の刑事課に左遷されてしまう。

 そんな英児が所轄で出会うのが、所轄のエース刑事・蓮見光輔(濱田)。光輔は周囲から非の打ち所がないと評されるほど信頼を集めているが、その背景には誰にも言えない秘密を抱えており、本来の人格をひた隠すため、常に穏やかな笑みを携えているくせ者だ。

 英児は本庁への復帰のため、秘密を表沙汰にされたくない光輔と密約を交わし、タッグを結成。しかし、一連の謎を追ううちに、自身が本庁を追い出された原因があまりにも深い闇につながっていることに気付いていく。

 そんな2人の下につくのが、新米刑事・水木直央(上白石)。直央は安定した就職先として公務員を目指し、なりゆきで刑事になったものの、ある事件がきっかけで仕事に対する意識が変わっていく。さらに、直央の父が警察組織の上層部にいるということが、彼女の運命を翻弄(ほんろう)していくことになる。

 番組を手掛ける服部宣之ゼネラルプロデューサーは「世の中のあらゆることを『白』か『黒』か、その2択しかないような感じで当事者たちを追い詰めていく昨今、限りなくグレーな、白と黒の境界線を行ったり来たりする登場人物たちが主人公のドラマです。善か悪か…、白か黒か…、正義か独善か…、面白いのか面白くないのか…、ヒットか外すのか…、その境界線で揺れ動く人間の心情こそが、このドラマの見どころです」と見どころを紹介。

 続けて、「原作・加藤実秋さんが生み出された個性豊かで魅力的なキャラクターたちを存分に生かしながら、骨太なサスペンスとコミカルな会話劇が入り混じった脚本を高橋泉氏が書き上げ、演出・木村ひさし氏がその世界を加速させていく…、このクリエーティブなトリオたちが、西島さん・濱田さん・上白石さんのトリオとどういうドラマを作り上げていくのか、ただただ楽しみでなりません。日本という境界線を越えて、世界に通用するドラマに仕上げていきます。ご期待ください」とアピールしている。。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.