News ニュース

「ユニコーンに乗って」永野芽郁、西島秀俊、杉野遥亮らキャストが笑顔と涙のクランクアップ2022/09/06

 TBS系連続ドラマ「ユニコーンに乗って」(火曜午後10:00)は、本日9月6日放送・第10話で最終回。第9話オンエアの翌日、主演の永野芽郁をはじめ、主要キャストたちが無事クランクアップを迎え、すべての撮影が終了した。

 本作は、「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」や「ナイト・ドクター」(ともにフジテレビ系)などを手掛けた注目の脚本家・大北はるか氏による完全オリジナルストーリー。教育系スタートアップ企業「ドリームポニー」の若き女性CEO・成川佐奈(永野)の下に、ある日突然、会社の雰囲気とは全く異なるおじさんサラリーマンが部下として転職してくる。それを機に動きだす、仕事に恋に奮闘しながら夢に向かって真っすぐ生きる主人公たちの成長を描く“大人の青春”ドラマだ。おじさんサラリーマン・小鳥智志を西島秀俊、佐奈のビジネスパートナーとして一番近くで苦楽を共にしてきた須崎功を杉野遥亮が演じている。

 先週放送の第9話では、大手通信会社「サイバーモバイル」のCEO・羽田早智(広末涼子)からの「『ドリームポニー』を買収したい」という提案に対し、佐奈は創業メンバーである功と栗木次郎(前原滉)も同じ思いであることを確認し、一度は断ることに。しかし、どこかで早智の「もっと先の未来は想像できているか」という言葉が胸に引っかかり、M&Aについて勉強するなかで、新たな選択肢を考えるように。

 一方、功は父・征一(利重剛)の会社のトラブルをきっかけに、自分の中に新たな気持ちが芽生えていることに気付く。数日後、佐奈はあらためて早智からの提案を前向きに考えることを相談すると、一番反対していた次郎も佐奈の熱い思いに動かされ、最終的にはM&Aという形で「ドリームポニー」は新たな一歩を進むことになった。

 そして、順調に準備が進んでいたある日、功は佐奈と次郎に「父の会社でスタートアップと大企業をつなぐ架け橋になりたい」という夢を打ち明け、「ドリームポニー」を去る決意を伝える。功が「今までありがとう。楽しかった」と優しい笑顔で佐奈をハグ。涙目でそれを受けとめる佐奈の姿に、SNSは大盛り上がり。「こんな切ないハグある…!?」「またすれ違っちゃうのはつらすぎる…」と、2人のこれからがどうなってしまうのか気になりすぎる展開に、大いに期待が高まっている。

 オールアップのシーンとなったのは、本ドラマを象徴する佐奈と小鳥の“ハイタッチ”シーン。終始笑顔あふれる和やかなムードで撮影を終え、2人はスタッフからのクランクアップを告げる掛け声に、両手を広げ大きな笑顔で応えた。その後、スタッフ・キャストへ感謝の気持ちを伝える永野の目には大粒の涙が。

 「この話を最初にいただいてから結構時間が経っているので、自分の中で始まってから今日までがすごく長い道のりでした。佐奈という人生を生きながら、いろんなことを自分自身ももらいながら経験できて、この4カ月間はこれまで以上に大人にさせてもらえたと思います。スタッフの皆さまのタフさに驚かされて、あらためて一つの作品を作ることはすごいことだなと身をもって感じることができました! スタッフ・キャストの皆さんのことを尊敬していますし、皆さんの力がなければ最後まで走りきれなかったと思います。ありがとうございました!」と感謝を述べた。

 続いて、西島は「若い現場で、風通しもよくて、いつも以上に自分が役をこうしたい、こうやったら楽しくなるのかなと言えたり、すてきな現場ですてきな役でした。いつもあまり褒めてくれない事務所スタッフも、今回は褒めてくれてよかったです(笑)。現場のチームみんなで乗り越えてきた日々でした。また皆さんとご一緒できるように精進します!」とあいさつした。

 さらに、同日の一足先にクランクアップしていた、杉野は「皆さんと一緒に世の中に一つの作品を送り出せたことで、あらためて僕自身も学び直す期間になったと思います。またどこかでご一緒できたら、何かを作り出す仲間になっていただけたらうれしいです!」と撮影期間を振り返った。

 また、「ドリームポニー」のメンバーである森本海斗、次郎、夏井恵実をそれぞれ演じた坂東龍汰、前原、青山テルマの3人が同時にクランクアップ。天才エンジニアの海斗を演じた坂東は「現場がすごく明るくて、すごく楽しい日々でした。連続ドラマで僕自身こんな大きな役を演じたのは初めてでしたが、森本海斗というキャラクターを皆さんに支えていただきながら作っていけたことが幸せでした」とコメント。前原は「本当に企業を立ち上げて、みんなで関係性を作り上げていっているような気分になりました。この仕事の大変さと楽しさをこの4カ月で体験できたと思います!」と涙をこらえながら語った。

 その様子を横で見ていた、語学堪能なエンジニア・恵実役を演じた青山は「最初オファーが来た時はどんなムチャぶりかと思ったのですが、本当に楽しくて…」と冒頭からたくさんの涙を流し、その姿にスタッフ・キャストも胸を熱くすると、「今日で“女優引退します!”と言おうと決めてました。でも、楽しすぎて、またみんなとどこかで会えたらと思うので、休業します!」とまさかの“女優休業宣言”で一同爆笑。涙あり笑いありの、温かなクランクアップとなった。

 そのほか、インフルエンサー・倉田凛花役の石川恋は「私自身もこの『ユニコーンに乗って』という作品に背中を押された日々でした」と話し、「ドリームポニー」に投資するベンチャーキャピタルの担当者・白金貴史を演じた山口貴也は「温かいキャストとスタッフの皆さんに恵まれて、僕もユニコーンに乗ってる気分でした。皆さんなら最後まで駆け抜けられると思いますけど!(笑)」と役柄の“ケド男”ならではのコメントで現場を盛り上げ、佐奈の妹・依里を演じた武山瑠香は「演技のままならない私を、永野さんはじめスタッフの皆さんが優しく教えてくださり、楽しかったです!」と感謝の気持ちを口にした。

 佐奈の憧れの存在である早智役を担った広末は「みんなのキラキラした、仕事に恋に頑張る姿が世の中の人の背中を押してくれるお話に参加できてうれしかったです。今回、早智のファッションも話題になったようで、ほかの現場でもたくさん声をかけていただけたり、とても楽しませていただきました!」と充実した撮影の日々を締めくくった。

 最終話では、「サイバーモバイル」とM&Aという形で手を組み、新たなスタートを切った「ドリームポニー」。念願の世界進出へ向けて動きだし、佐奈は充実した日々を送っていた。しかし、ふとした時に思い出すのは会社を去った功のこと。“ビジネスパートナー”ですらなくなってしまった今、佐奈は功に連絡を取ることもできずにいた。心に空いた穴をごまかすかのように、ひたすら仕事に打ち込む佐奈だったが、無理がたたり体調を崩してしまう。そんな佐奈にそっと寄り添う小鳥。佐奈の異変をずっと気にかけていた小鳥は、佐奈にある助言をする。一方、新たな職場で夢を追い始めた功もまた、日常の中でふと佐奈を思い出していた。ふたをしたはずの気持ちがぶり返し、もやもやを募らせる。

 佐奈と功、そして小鳥。戸惑いながらも、前に進んできた彼らが最後に見いだす希望とは!? 大人の青春物語の行方に注目だ。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.