News ニュース

宮野真守&蒼井翔太が語る「絶対声優主義」への思い2019/09/20

 11月6日から開幕するブロードウェイ・ミュージカル「ウエスト・サイド・ストーリー」の日本版において、主役をダブルキャストで演じる宮野真守&蒼井翔太が「TVガイドVOICE STARS vol.11」(9月28日発売)の表紙に登場。2人は以前にもソロで同誌の表紙を飾り、今回初の2ショット表紙であることから、まさにトップ声優同士の“夢の共演”となる。今号は絵柄の異なるダブル表紙となっており、ついにそのビジュアルが解禁された。

 2人の特集タイトルは「絶対声優主義」。共に声優だけでなく、アーティストや舞台俳優など、さまざまな肩書を持つ2人だが、その思いを直撃すると、「あくまでも声優が絶対的な根本」だと口をそろえる。声優としてのブレない姿勢に迫った1万字超のインタビューはもちろん、“紳士のパーティー”をイメージしたスタイリッシュな撮り下ろしポートレート、「ウエスト・サイド・ストーリー」のビジュアル撮影に独占潜入するなど、宮野&蒼井の魅力が詰まった約30ページの大特集になっている。

 さらに、畠中祐、野上翔、八代拓、榎木淳弥、ランズベリー・アーサー、髙坂篤志、益山武明、千葉翔也による若手男性声優のユニット・8P(エイトピース)が、約40ページにわたって特集される。コンビのカラーに合わせた異なるシチュエーションの4大グラビアのほか、「8P channel」の収録密着も。また先日、大阪城ホールで行われた「ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-4th LIVE」の2DAYSリポートや、その「ヒプマイ」にも出演する浅沼晋太郎が、Kis-My-Ft2・宮田俊哉の対談連載に初登場。世界的写真家、レスリー・キー連載では石川界人が初セッションに挑む。

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.