News ニュース

亀梨和也主演「正義の天秤」 season2が決定!「ワクワクしながら楽しみに待っていて」2022/11/24

 NHK総合では2023年春に、KAT-TUN・亀梨和也が主演を務める連続ドラマ「正義の天秤 season2」(日時未定)が放送されることが分かった。

 亀梨は「season1を撮影している時から、続きもいろいろと話を広げて作れそうだよね、とキャストやスタッフの皆さんと話したり、ラストシーンの撮影の際には、『またぜひお会いしましょう』という言葉を交わして、撮影を終えたので、今回こうしてseason2を実現できて、大変うれしく感じます」と喜びを伝えている。

 「正義の天秤」は、大門剛明氏の同名小説が原作。医師から転職した天才弁護士・鷹野和也(亀梨)が、冤罪(えんざい)の悲劇に苦しみながら、戦力外チーム「ルーム1」を率いて数々の難事件の真相を調査し、事件に関わる人々の魂を救う本格法廷ミステリーだ。2021年にオンエアされ好評を博したことから、このたび続編の制作が決定した。

 今作では「ルーム1」のメンバーそれぞれにもスポットを当てて展開。事件に邁進する彼らの抱えている知られざる過去とは? 鷹野は彼らとどのように向き合っていくのか。さらに、鷹野が掲げる「治療的弁護」の原点も描く。season1に引き続き、山口智子、中村雅俊、竹中直人、奈緒、北山宏光(Kis-My-Ft2)、大政絢、佐戸井けん太も再集結。鷹野や「ルーム1」のメンバーの葛藤が、壮大で感動的なヒューマンドラマを生み出す。

 前作の最終回で、恋人である雨宮久美子を襲った犯人・南野一翔の弁護を担い、葛藤の末、「一生をかけて被告人の心を治療していきたい…」と訴え、無期懲役を勝ち取った鷹野。しかしその後、彼は師団倒法律事務所から姿を消す。

 それから3カ月後。事務所創設者の娘・佐伯芽依(奈緒)が彼を呼び戻したのだが、鷹野は一向に姿を見せない。その頃、刑事部門を担当する「ルーム1」所属で元判事の桐生実雪(大政)のもとに、判事時代に無期懲役の判決を下した被告人から再審請求の依頼が舞い込む。自身の下した判決を覆すことになる上、「開かずの門」と呼ばれるほどに高い再審請求の壁に立ち向かおうとする桐生。その彼女の「正義を見たい」と鷹野が手を貸す。

 一方、元ニートの弁護士・杉村徹平(北山)は、ある日趣味であるゲームのオフ会に参加。そこで、謎の女性と出会うこととなるのだが、その女性の背後には…!? その後も、鷹野と「ルーム1」には、チームの結束を試すかのごとく、次々と難解な事件が舞い込んでくる。

 亀梨は「season2でも引き続きつながっていきますが、season1では鷹野の抱えるものが非常に大きかったので、season2では師団坂法律事務所『ルーム1』メンバーの活躍を僕自身も期待しながら、台本が届くのを楽しみに待っていました。『ルーム1』のメンバーの活躍というのが、season2では深みを増していけるところだと思いますし、僕自身もどのような形で皆さんと絡んでいくのか、監督やスタッフの皆さんと打ち合わせをさせてもらいながら、撮影に向けて準備をしています」と新シーズンの見どころを語る。

 そして、「この『正義の天秤』は、問題を解決する、被告人を弁護するということに関していうと、一風変わった作品になっているのですが、『ルーム1』のメンバーが突き詰める真実の正義とは一体なんなのか。僕自身、しっかりと考え、落とし込みながら撮影に挑んで行きたいです。一筋縄ではいかない、そんな作品を皆さんに届けていければと思います。season2もワクワクしながら楽しみに待っていてください」と意気込んでいる。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.