News ニュース

「なにわ男子 Debut Tour 2022 1st Love」の舞台裏が公開2022/11/11

 フジテレビで本日11月11日放送の「連続ドキュメンタリー RIDE ON TIME」(深夜1:00、関東ローカル)では、前回に引き続き、なにわ男子(西畑大吾、大西流星、道枝駿佑、高橋恭平、長尾謙杜、藤原丈一郎、大橋和也)を特集。デビュー後初の全国ツアー「なにわ男子 Debut Tour 2022 1st Love」の舞台裏が明かされる。

 大橋が新型コロナ陽性となり、ツアー初日を予定していた東京公演が延期になった。それにより、彼らの“ホームグラウンド”である大阪城ホールから公演がスタートすることになった。大橋が不在の中、メンバー6人でライブの準備を進めていく。

 藤原は、Lil かんさい(関西ジャニーズJr.)のメンバーを巻き込んでコンサート映像を制作。あるアイデアを思いつき、「どなたか詳しい方いらっしゃいませんか?」と周囲に協力を求める場面も。一同がせわしなく動き、「ちょっとやっていきましょうよ」と振付師を呼び止めたのは高橋は、ダンスの精度をより上げていくために、積極的に個人レッスンを受ける。

 大西はキーボードを、道枝駿佑はギターを弾いて、ライブで生演奏する予定のセッションを練習。“ほぼ初心者”の大西にとっては大きな挑戦だ。生演奏披露は大西本人の希望だというが、当初は楽譜も読めない状態で、熱心に取り組んでいく。

 長尾が担当したステージ衣装も完成。実際に着てみて、道枝は「最高です。“ジャニーズ”ですよ!」と大いに喜び、メンバーからの高評価が集まる中、長尾は「丈くん(藤原)のズボンの裾、もうちょい上げられます?」などと、入念に調整を繰り返す。

 公演5日前、今回のツアーの演出を務める西畑は、ギリギリまでステージの構成を模索。「『Good Day!!』をさっきの終わらせ方にして、『月火水木君曜日』を長いバージョンに…」と音源を聴きながら、黙々と考え続ける。

 そして、公演前日に大橋が療養から復帰。久しぶりに全員そろったところで、振り付けの確認が始まるが、その変更点の多さに、大橋が「全部違うやん。マジか!?」と焦る。しかし、練習を離れていた間に「メンバーへの思いがより強くなった」と告白。その心境を語っていく。

 前日。リハーサルで、大西と道枝がセッションする場面となるが、大西が演奏につまずいてしまう事態に。これまで日々練習を重ねてきたものの、「盛大にやらかした!」「めっちゃ怖くなってきた…」と落ち込む大西。本番まであと1日、果たして、どうなるのか?

 公演初日。午前7時半。藤原は制作を手掛けたメンバー紹介映像に、一つ修正を入れていた。「こんなにギリギリまで直すんですね」と驚く取材スタッフに、彼が返した言葉とは?

 ついに、全国ツアーが開幕。バックヤードに集まったなにわ男子は、円陣を組む。「もう、どうなることやら…。楽しむだけですよね!」――大橋はそう言ってステージへと向かっていく。

 なにわ男子が“デビュー1年目のエンターテインメント”に懸けた思いを、ファンに届ける瞬間がやって来る。

 「連続ドキュメンタリー RIDE ON TIME」は、放送直後からFODプレミアムで独占配信される(過去話もすべて配信中)。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.