News ニュース

なにわ男子が初めて観客の前でデビュー曲を披露。7人が目指す未来、次の目標に向かって――2022/01/28

 フジテレビで本日1月28日放送の「連続ドキュメンタリー RIDE ON TIME」(深夜0:55、関東ローカル)は、昨年11月12日に「初心LOVE(うぶらぶ)」で念願のCDデビューを果たした関西出身の7人組・なにわ男子(西畑大吾、大西流星、道枝駿佑、高橋恭平、長尾謙杜、藤原丈一郎、大橋和也)の特集・最終話。「Episode4 足跡のない未来」と題しておくる。 

 新人アイドルとしての一歩を踏み出した彼らに、またしても新たな局面が訪れる。東京ドームで開催されるイベントで、先輩たちと同じステージに立つことが決定したのだ。番組では、リハーサルから本番の裏側まで完全密着。7人が経験した、たくさんの“うぶ”を初公開する。

 昨年12月30日開催の「Johnny’s Festival~Thank you 2021 Hello 2022~」。集まった観客は約4万人、ジャニーズの13組が一堂に会すビッグイベントだ。そのステージで、なにわ男子はデビュー曲を披露することになる。しかも観客の前で歌うのはこれが初めて。

 なにわ男子のために、総合演出を務める嵐・松本潤が、広い会場でも映える濃いピンクの衣装を用意した。さらに、ドームで行われたリハーサルでは、ほんのわずかな重心のズレを松本に指摘される7人。決して妥協を許さないストイックなまでのこだわりに、プロとして舞台に立つ意味をあらためて考えさせられる。

 そして、迎えた本番当日。ステージには結成当初からなにわ男子をプロデュースしてきた、関ジャニ∞・大倉忠義がマイクを手に立っていた。「さあ、続いては、2021年に新たに加わった、僕たちのかわいい後輩を紹介したいと思います。こちらご覧ください」そう言い終わるや、巨大スクリーンになにわ男子の姿が。会場のペンライトがひときわ大きく揺れる中、「なにわ男子」の文字が躍る大舞台に、あの曲が流れ出した。満面の笑みと共にメインステージの階段から登場するメンバーに、客席から大きな拍手が湧き上がる。

 その翌日、「ジャニーズカウントダウン」に出演するため、彼らは再び東京ドームの舞台に。終演後、「最高でした。次のステージに進んだっていうのを実感しました」と言って笑顔を見せる藤原。「東京ドーム、お疲れさまでした!」と、すでに観客のいなくなった東京ドームに向かって大声であいさつする大橋、「お疲れさまでした」「ありがとうございました」と長尾、藤原もそれに続いて声を上げた。次の目標にドーム公演を掲げるメンバーたちは、万感の思いを胸に、東京ドームを後にした。

 なにわ男子の物語はまだ始まったばかり。夢見た未来に向かい、共に大きな一歩を踏み出した7人の目に映る景色とは?


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.