News ニュース

「霊媒探偵・城塚翡翠」清原果耶の意外な素顔を瀬戸康史、小芝風花が暴露! 及川光博と一緒に“あたりまえ体操”2022/10/06

 日本テレビ系で10月16日にスタートする連続ドラマ「霊媒探偵・城塚翡翠」(日曜午後10:30)の記者会見が行われ、主演の清原果耶をはじめ、共演の瀬戸康史、小芝風花、及川光博が登壇した。

 本作は、相沢沙呼氏による累計50万部突破の大ヒット小説「medium 霊媒探偵城塚 翡翠」が原作。“霊が視(み)える”能力を持つ主人公・城塚翡翠(清原)が霊視の能力を使い、死者からのヒントを頼りに難事件解決に奔走するミステリードラマだ。翡翠とタッグを組んで殺人事件に挑む推理作家・香月史郎役を瀬戸、公私ともに翡翠を支えるアシスタント・千和崎真役を小芝、香月の推理力を頼って捜査協力を依頼する警視庁捜査一課の警部・鐘場正和役を及川が務める。

 霊媒師役を演じることは「とても難しい」と清原。「原作があるので、原作の中の翡翠ちゃんと、脚本でいただいた翡翠ちゃんとうまくバランスを取って、どう表現していったらいいんだろうって、今でも悩んでいる部分があります。でも、難しいですが、監督やスタッフの皆さんと話し合って役柄を構築しながら頑張っているところです」と現場で日々奮闘していることを報告。

 役作りをする上では、手作りの衣装やキャラクターに合わせた緑色のコンタクトをつけることで翡翠役へのスイッチが入るそうで、「初めは自分に緑の目がついてることに慣れなかったのですが、今はもうなじんできて、普通に目を見て話せるようになりました」とコメント。

 瀬戸と及川は、そんな緑色のコンタクトをつけた清原の目を見つめていると吸い込まれそうになると告白。及川は「果耶ちゃんとは5秒以上目を合わせられない。ずっと見つめられるとひざまずきたくなる」とその魅力を表現した。司会者に「そのぐらいの魅力を放っているという感覚があるんでしょうか?」と尋ねられた清原はすぐさま、「あるわけないじゃないですか!」と笑いつつ、「でもありがとうございます。そう言ってくださってうれしいです」と笑顔を見せた。

 また、本作では翡翠の降霊シーンも見どころとなるが、「私が降霊というものをやったことがないので(笑)、芝居としてのアプローチが難しい」と本音をこぼした清原は、「感触としては、コンテンポラリーダンスを踊っているような…。監督にこういうイメージですって言われて、やってみたら、なるほどねと腑(ふ)に落ちたところがあったんです。なので、そこに降霊させている人物の表情を乗せていくようなイメージで演じています」と明かした。

 そんな清原の「意外な素顔」を尋ねられた及川は、自身が撮影の合間に“あたりまえ体操”を踊っていたら、清原がそれに乗って一緒に踊ってくれたことがとてもありがたかったとエピソードを紹介。清原は「楽しかったですね~。及川さんが踊っているのを見たら、『踊らなきゃ』ってなっちゃいました」と無邪気な一面を見せた。

 小芝も清原に対して、「クールで、1人で読書とかしていそう」というイメージを抱いていたようだが、初対面の時に、「ご飯に行きましょう!」と声をかけられ話が弾んだそうで、「人懐っこい子だな。しっかりしているけど、裏では意外と緊張しいな部分があって、そこもかわいらしい。次は何をしゃべったらいいんだろうって相談をしてくれたり、そういうギャップにやられてます」とイメージが変わったことを伝えた。

 続けて、瀬戸から「いたずらっ子な面もあるよね」と言われた清原は、「そうかな?」と首をかしげつつ、「私が現場で素を出しすぎているんですが、皆さんが受け入れてくださって、リラックスできている。緊張しすぎることもなく、皆さんも優しいので。安心して撮影ができています」と話し、いい雰囲気の中で撮影が進んでいることを感じさせた。

 そして、清原は、自分よりも瀬戸の方が「ふざけたがりな面がある」と指摘。「一見かわいらしいお顔立ちだけども、実はクールというようなイメージが皆さんにあるかもしれませんが、実は、激おちゃめです。気に入ったボケを小声で繰り返してるんですよ」と暴露すると、瀬戸は「1回もふざけたことないよ」ととぼけながらも、「(演じる)香月とのギャップですかね。難しいことばかり言っているので、ちょっとくだらないことも言いたいんでしょうね」と認めていた。

 劇中では、翡翠と香月がバディとなって事件と対峙(たいじ)するが、清原がそれぞれとやってみたいことを聞かれると、「風花ちゃんとは焼き鳥を食べに行きたい! 瀬戸さんとは、瀬戸さんは絵がお上手で、私もたまに油絵を描いたりするので、一緒に絵を描いて遊びたいですね。そして、及川さんとは…よかったらなんですが、一緒に動物園に行きたいです。なぜか分からないですが、及川さんの人柄から思い浮かびました」と回答。及川は「なんで? 動物園?」と戸惑いつつも、「楽しくなるように頑張ります!」と笑った。

 反対に、清原としてみたいことを聞かれた及川は、「カラオケとか行く?」と問いかけ、「行きます! 好きです」という返答を受け、「歌っているところを応援して、とにかく眺めていたい」と発言。清原が「デュエットさせてください!」と名乗り出ると、うれしそうな及川は「じゃあ、僕が番組の主題歌を歌います。福山雅治さんの歌をミッチーが歌いますよ!」とノリノリ。瀬戸も「僕もそれに参加して歌います!」と乗っかるが、小芝は笑いながら「実現しなそうなカラオケですね」とまとめ、4人は終始和やかなムードでトークを展開した。

 最後には、清原が「このドラマは、すべてが伏線になっていて、何度見ても楽しめるドラマになっています。スタッフ、キャストの皆さんと楽しい雰囲気で、ドラマを作っているので、ぜひ放送を楽しみにしていただきたいのと、ドラマを見ながら一緒に推理してみていただけたらうれしいです。ぜひお楽しみに!」と視聴者に呼び掛け、会見を締めくくった。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.