News ニュース

「トモダチゲームR4」美 少年&HiHi Jetsメンバー8人がクランクアップ!2022/09/09

 テレビ朝日系連続ドラマ「トモダチゲームR4」(土曜午後11:00)が、9月10日に最終回を迎える。ジャニーズJr.の美 少年とHiHi Jetsのメンバーが“アイドルの笑顔”を封印してブラックな裏切り合戦を繰り広げてきた同作。クランクアップでは、並々ならぬ思いで臨んできた撮影を振り返り、スタッフやキャスト陣が別れを惜しんだ。

 ドラマでは、突然負わされた多額の借金を返済するため、謎のゲーム「トモダチゲーム」に参加することになったCグループの片切友一(浮所飛貴)、美笠天智(佐藤龍我)、四部誠(HiHI Jets)、Kグループの紫宮京(藤井直樹)、門倉十蔵(岩﨑大昇)、鬼瓦百太郎(猪狩蒼弥)、柱谷千聖(金指一世)、丹羽万里(那須雄登)が、友情とお金を天秤にかけられ、究極の心理合戦を繰り広げている。

 一足先に撮影が終了したのは、佐藤、井上、沢良宜志法役・久保田紗友、心木ゆとり役・横田真悠のCグループのメンバーと、ゲーム運営のメンバー・水瀬マリア役・片山友希、そして、火室ノベル役・菊池風磨。

 浮所が見守る中、1人ずつ及川拓郎監督から花束を贈られ、感慨深い表情を見せた面々。菊池は「まさかこんなに後輩たちに囲まれてドラマに出させていただけるとは思いませんでした。もう会うことはないと思いますけど…なんて(笑)。まだ作業が残っている皆さん、最後まで体に気を付けて頑張ってください」と冗談を言いつつねぎらうと、すかさず浮所が「そんなことないですよ! 直属直属!(笑)。すぐ会いますから!」とツッコむなど、和気あいあいとしたやりとりで笑いに包まれた。

 佐藤は「天智という役はすごく頭がよくて、普段の僕とはかけ離れているんです。でも皆さんから『頭がよく見えるよ』と言ってもらえて、とてもうれしかったです(笑)。本当に楽しい夏を過ごさせていただきました。またどこかでお会いできる日を楽しみにしています」と笑顔で述べ、井上は「皆さんと一緒に、非常に楽しい夏を過ごさせていただきました! またいつか皆さんとご一緒できる日が来るよう、これからも日々精進してまいります。本当にありがとうございました」と感謝を伝えた。

 そして、翌々日の撮影最終日にクランクアップを迎えたのは、藤井、岩﨑、猪狩、金指、那須のKグループのメンバーを演じた5人、そして難しい役どころで新境地に挑んだ浮所だ。

 スタッフがバスで待機中のメンバーを呼びに行くと、藤井は「このバスから降りたら終わりですか? じゃあ1回閉めちゃおう(笑)」とふざけながらも、終わってしまうことが本当に寂しいと感じているメンバーの気持ちを代弁するかのような行動を見せた。

 あいさつに立った藤井は「まず、無事にクランクアップを迎えられたことをうれしく思います。紫宮京は難しい役ではあったんですけれども、温かい空気感の中で、皆さんに支えていただけて無事に楽しく終わることができました。いつかまたお会いできた時には、もっと成長した姿を見せられるように今後も頑張っていきます!」とさらなる飛躍を約束。

 岩﨑は「3カ月間、どうもありがとうございました。僕、ダントツで撮影日が少ないんですよ。だからみんなとの絡みが少なくてちょっと寂しいなって思ってたんですけど、最後はみっちり、こうやってみんなと一緒に終わることができてうれしかったです。また皆さんと一緒に作品作りができるよう頑張ります!」とスタッフ・キャストへのお礼の言葉を口にした。

 それぞれがドラマへの思いを語る中、猪狩が「僕は初めてこのクルーに参加させていただいたんですけど、心からすごく温かいチームだなと感じました。こうやって毎年できる作品があるというのは素晴らしいことですし、今年はそれに参加させていただいて、ものすごく“夏”を感じることができました。これからは、このメンバーで“新・美 少年”としても頑張っていきたいと思いますので、何卒よろしくお願いします(笑)」と宣言すると、美 少年一同が「なんでだよ!(笑)」とすかさずツッコミの集中砲火を浴びせ、チームワークのよさがさく裂する絶妙な掛け合いを披露した。

 さらに、金指は「柱谷はとにかくチャラかったので、今年の夏は特にそれを意識して過ごしました(笑)。それが役にも最大限生かせたたんじゃないかなと思っています。今後も『トモダチゲームR4』で出会った皆さんとまた一緒にお仕事ができるよう頑張りますので、これからもよろしくお願いします」と背筋を伸ばしてあいさつ。

 那須は「丹羽は名言を言うキャラだったので、最初はすごく戸惑ったんですけど、キャストの皆さんと監督に囲まれて最後まで演じきることができました。後半はあまり名言がなくて、ちょっと寂しかったんですけど(笑)、無事に走りきることができてよかったです」と安堵の表情を見せ、撮影の終了をかみ締めた。

 「(同局のドラマ)『真夏の少年~19452020』の時からお世話になっているスタッフの皆さんと、またご一緒できてすごくうれしかったですし、新しいスタッフさんとご一緒できたのも、僕にとって貴重な体験となりました」と深々とお辞儀をした浮所。そして「片切友一という役は、すごく難しかったです! 今までやったことのない役で、悪い顔をしたり汚い言葉だったり(笑)、普段言わないようなことをセリフで言ったので、ある意味自分の中の“お芝居の皮”をむいてくれた、そして新しい引き出しを与えてくれたのは、片切友一だったなと思っています。本当に終わるのが寂し過ぎてヤバイ…でも、まだまだこれからもお芝居を頑張ります!」と自身の役への思いを、あらためて明かした。

 少ししんみりしたムードの中、浮所は突然「『トモダチゲームR4』撮影クリアってことで賞金はありますか?(笑)」ととぼけると、周囲には再び笑顔が。最後には「今は、無事に撮影が終わったことに安心していますが、楽し過ぎてずっと『終わってほしくない』って祈っていたんですよ。そしたら祈りが強過ぎて昨日は雨で撮影が中止になりました(笑)。またどこかで皆さんとご一緒する際には、もっとイケメンになっていますので(笑)、その時はよろしくお願いします!」と、元気なあいさつで締めくくった。

 最終回を迎える「トモダチゲームR4」だが、TELASAでは、オリジナルコンテンツ「トモダチゲームR4リアル」(https://navi.telasa.jp/tomodachigame_r4/)が配信中。キャスト陣の思いが詰まったインタビューや、撮影の貴重な舞台裏を伝えてきたが、8日からはepisode8「クランクアップ完全密着 今だから話せるこの夏の本音」の特別配信がスタートしている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.