News ニュース

ふぉ〜ゆ〜・辰巳雄大が「信長未満-転生光秀が倒せない-」で現代の織田信長に!2022/08/25

 ふぉ~ゆ~の辰巳雄大が、テレビ神奈川(tvk)で10月25日にスタートする連続ドラマ「信長未満-転生光秀が倒せない-」(火曜午後11:00、神奈川ローカル)で、テレビドラマで初めて主演を務めることが分かった。

 ドラマは、「転生モノ」や「なろう小説」のコミカライズも多く手掛け、「戦国小町苦労譚」「転生した大聖女は、聖女であることをひた隠す」など、シリーズ累計100万部を超える作品を掲載するウェブコミック配信サイト「コミックアース・スター」連載の同名コミックが原作。20代の6人兄弟として現代の日本に転生した織田信長、豊臣秀吉、徳川家康、前田利家、柴田勝家、堀久太郎の姿を描く。

 近所に住む弟的存在の森蘭丸を除き、自分たちが戦国武将の生まれ変わりとは知らない彼らは、一つ屋根の下で仲むつまじく暮らしている。だが、信長の転生には、同じ世界線に転生している光秀に負けると、必ず次の世界線に転生してしまうというルールがあり、光秀を慕う転生武将軍団も加わり、戦国時代さながらの騒動が現代サイズで次々と巻き起こる。

 6人兄弟の長男である信長は、サボれるところはすべてサボり、遊び倒して過ごす自称“ニート界のカリスマ”で、近所からは「うつけもの」と言われている。そんな現代に転生した信長を、辰巳が演じる。

 辰巳は「信長は本当に自分では何もしないですが、いろんな人にのめり込んでいくキャラクターです。そんな信長にテレビの前の皆さんも振り回されてみてください。この『信長未満』はきっと今まで皆さんが見たことないドラマになっています。一緒に楽しみましょう! ぜひご覧ください!!」とアピールしている。

 ドラマには、辰巳のほか、総勢20人近くの人気若手俳優たちが出演予定。また、京都発の人気劇団「ヨーロッパ企画」の酒井善史氏らが、脚本と演出で参加する。過去に戦国バラエティー番組「戦国鍋TV」を送り出した同局が、戦国武将の転生というファンタジーをリアルな現実世界に落とし込み、ドラマの中にバラエティー要素を取り込むなど、「戦国鍋TV」で培われた手法も生かしながら、新しい切り口の戦国ドラマを届ける。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.