News ニュース

キンプリ・永瀬廉主演「新・信長公記」11人の武将が一挙解禁!2022/06/24

 日本テレビ系で7月24日にスタートする連続ドラマ「新・信長公記~クラスメイトは戦国武将~」(日曜午後10:30=読売テレビ制作)に登場する“11人の武将”が一挙に解禁された。

 King & Princeの永瀬廉が主演を務める本作の原作は、甲斐谷忍氏によるコミックス「新・信長公記~ノブナガくんと私~」(講談社「ヤンマガKC」)。織田信長、徳川家康、豊臣秀吉ら誰もが知る戦国武将のクローン高校生たちが大集結したとんでもない学校を舞台に、くせ者ぞろいの英雄たちが、学園のてっぺん目指して大暴れする学園天下獲りエンターテインメントだ。永瀬は主人公の信長役を務め、学級委員を務めるクラスで唯一武将じゃない女子高生・日下部みやび役で山田杏奈、さらに、西畑大吾(なにわ男子)、萩原利久、犬飼貴丈、三浦翔平、満島真之介、濱田岳、小澤征悦が出演する。

 今回、出演が決まったのは、井伊直政役に駿河太郎、竹中重治役に栁俊太郎、本多忠勝役に阿部亮平、加藤清正役に須賀健太、酒井忠次役に長田成哉、榊原康政役に内藤秀一郎、毛利元就役に片岡久道、前田利家役に野村康太、真田幸村役に田野倉雄太、今川義元役に松大航也、龍造寺隆信役に草野大成という11人。10~40代までが居並ぶ個性あふれる俳優陣が、癖の強い15歳の高校生として学園のてっぺんを目指した天下獲り合戦に参戦する。

 さらに、ドラマ「あなたの番です」(同系)、「リーガルハイ」(フジテレビ系)や、アニメ「僕のヒーローアカデミア」など数多くの超人気作品の劇伴を手掛ける林ゆうきが音楽を担当することも決定。本作の斬新奇抜な世界観を、どんな音楽で盛り上げるのか注目だ。

 駿河は「100数年後の高校生役、それも戦国武将のクローンの集まり…44歳の僕も高校生役でと、お話をいただいた時点でワクワクしかなかったです。ほかにも小澤征悦さんも高校生役と聞いたら、それだけで面白いやんとますますやる気になりました。初の学生ものの作品なので初々しい気持ちで頑張りたいと思います。それぞれの役にキャラがあり、現場もいい空気感で始まっているので、放送を楽しみにしていてください」とアピール。

 「ずっと戦国時代の武将役をやりたい気持ちがあったので、オファーを受けた時にはとてもテンションが上がりました!」という柳は、「台本や原作を読んでみたら、自分が予想していた武将ものとはちょっと違っていて、いい意味で裏切られました(笑)。竹中重治は史実でも実像が不明瞭なミステリアスな人物なので、個性豊かなクラスメートの中でも引っ張られずに竹中らしい一味違う存在感を出せていけたらなと思います!」と意気込む。

 阿部は「このたび、徳川四天王の1人でもあり、幾度の戦いでも一度も傷を負ったことがないと言われる本多忠勝役を演じさせていただきます。今回の作品はさまざまな年代が融合して、とんでもない化学反応が起こる事間違いなし! 歴史を組み込んだ、エンターテイメントを、皆さんに全力でお届けできたらと思います。そして今回、本多忠勝の本来のイメージとはまた違った意外な一面? 新しい扉が開かれる予感が…とてもワクワクしております」と期待する。

 須賀は「清正は作中で”男の中の男”と言われるほど男らしい役柄です。さらにセリフの語尾には『~クサ』という方言も…豪華なキャストの皆さんの中で一本筋の通った男らしい武将を演じていきたいと思っています!」と意欲を燃やす。

 長田は「この年齢で、短ランを着た戦国武将をやれるとは。最高です! 僕が演じる酒井忠次は、徳川四天王の1人。特進クラスでは駿河さん演じる井伊と一緒に、何かにつけてほかの武将に絡みにいく“茶茶入れグループ”の一員です。酒井のチャームポイントは額のデッカいゴーグルです。気合が入ると掛けたり外したりします! ぜひチェックしてください(笑)」とキャラクターをアピール。そして「漢だらけの活気に満ちたすてきな現場で、各武将こだわりの衣装と、全員癖のあるキャラクターを、見ていて毎週ワクワクできるドラマになるなと思っています。お楽しみに!」と呼び掛けている。

 内藤は「榊原は敵に対しては挑発的ですが、仲間思いな男です。(徳川)四天王の4人でよく、 いろいろな人に絡みに行ってるのが面白いのと、酒井とよく顔の表情で遊んでるので、そこも見どころです!」とコメント。

 片岡は「永瀬さんはじめ、すてきなキャストの方々と、この作品に携わることができて幸せに思います。毛利は冷静で仲間思いの平和主義者なのですが、激しいアクションなど冷静ではいられない展開もあり、さまざまな顔をお見せできると思います」と役柄を紹介。

 野村は「今回の作品が、僕にとって初めての現場で、クランクイン前は何もわからず、不安だらけでしたが、監督や先輩方が声をかけてくださったり、お芝居のアドバイスをしてくださったり、現場はすごく明るい雰囲気で、今では毎回ワクワクしながら撮影に向かっています! 歴史上の前田利家さんは傾奇者で、槍の名人とも言われており、今回の作品の前田利家もそれに基づいた役柄になっていますので、ぜひ衣装やアクションにも注目していただけたらうれしいです俳優陣最年少として、全力で演じていきたいと思います!」とフレッシュな魅力をのぞかせる。

 田野倉は「初めての学園もので、初めての武将役で、しかもあの有名な真田幸村の役で…といろいろ不安な要素がありましたが、いい意味であまり捉われずに自由に演じたいです。今までもこれからも、こんなに騒がしくて楽しいドラマはなかなかないと思います。先の読めない展開にハ
ラハラしながら、魅力的な武将たちのお芝居を堪能していただきたいです」とにぎやかな撮影現場の様子も報告。

 松大は「台本を読んで初めに思ったのは、武将たちのクローンが出てくるところがすごく面白いなと思いました。何よりキャラクターたちの個性がすてきで、ストーリーも熱くなれる展開が多かったです! 僕が演じる今川義元も史実や、皆さんのイメージ通りなのか、この作品ではどうなっていくのか注目していただきたいなと思います。歴史を知っている方はもちろん、知らない方も楽しめて、武将たちを知る機会になっていただけたらなと思います!」と歴史ものとしての本作の魅力も述べる。

 草野は「毎日笑いが絶えないすてきな現場です! 一人一人とてもキャラが濃いですし、いろんな学園ドラマをやってきましたが、こんな学園生活あるの?って思いながら撮影しています。大先輩の役者の皆さま、スタッフの皆さまがいる中でお芝居ができるので、常に勉強しながら何か少しでも爪痕残せるように必死に食らいつくので、龍造寺隆信を少しでも気にして見ていただければうれしいです」と個性豊かなキャスト陣との刺激的な日々を伝えている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.